人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

唯に血を盛る瓶ならば

唯に血を盛る瓶ならば

不覚にも昨年後半は、病のことに心囚われた。あちこちに起きた症状に、老いの怯えのようなものを抱え込んだ。
胃、甲状腺、前立腺と、三方責めにあったせいもあるだろうが、連鎖する症状におびえた。読書するより映画のDVDを見るほうが多くなり、制作する番組も本数が減った。得意分野だった教育テレビのドキュメンタリーの枠にいくら挑戦しても、なかなかいい結果が出なかった。なにか空回りしている気がした。収穫は、「若き宗家と至高の三味線」。人と人との関係性を描くことに新しい境地を開くことが出来たかなと思うほどで、他にはなかなか結果が出なかった。これも、病のことをたえず考えていたからだろう。

 今朝、瞑想していてふと思った。人間は死んでいく存在、死に向かって生きて行く存在。その方向を抗うことはできない。若い頃はその低音が聞こえなかったが、老年期に入りまわりの音がやんで、その通奏低音が前面に出てきた。病へのおびえはつまり死に対する恐怖か。

 新年初めはお祭り番組に振り回された。自らの企画でないのだが、バックアップという仕事で追われた。だが不本意な気分に陥ったのも、流れに乗ることができなかったからか。まだ病のことをぐずぐず考えていたせいか。
 ところが、一昨日あたりから流れが変わってきた。文楽の企画がどんどん動きだした。戦争画の取材があれよあれよという間に急展開してきた。これに加えて、来年度に10本制作する予定のアート番組の企画が胎動してきた。なかでカラヴァッジオとピカソの企画はいい線が出現してきた。連日の多忙が、逆に体を叱咤して身内から闘志のようなものが湧いてきた。

 今年は番組の本数が過剰になるかもしれない。体がもつだろうかと不安を今からもつのはやめた。やれるかどうか、なるようになれだ。健康だけを考えて縮こまった生き方ではたして満足が出来ないなら、当たって砕けろ。「南下軍」の歌を思い出した。

 母校、四高の応援歌だ。戦前、金沢の四高は京都の三高と定期戦を春秋に闘った。金沢から京都へ下るときに、鼓舞する歌が、「南下軍」。
 ♪唯に血を盛る瓶ならば五尺の男児用を無しを。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-01-14 08:09 | Comments(0)
<< こんなことで死ねるか(同年3人) 休日出勤して >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧