人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

早朝出勤して

早朝出勤して

本日、女性ナレーターのコメント入れ作業で、スタッフは昨夜から徹夜している。
4日も5日もテッペンを越えて、さすがに60代の身としてはしんどいから、昨夜の徹夜は抜けた。40代のディレクター、20代のアシスタント、加えて50代のプロデューサーとあれば、ここは後ろに下がって見守るのが賢明。かつ健康にもいい。などと、自分に言い訳して昨夜は9時過ぎには帰宅した。

だが、本日の大事な本番を考えると、じっとしておられず、9時前に出勤した。オフィスには誰もいない。スタッフの居室をのぞくと、Dが一人パソコンを打っていた。やはり、完徹したようだ。連日の激務で少し疲れている。今日の山場を乗り切ると、少し目処がつくはず。頑張ってほしい。

11時から、ナレーション録音(ナレ録り)。それまで所在がなく、三浦哲郎の最新作『師・井伏鱒二の思い出』を読む。三浦は昨年夏死去した。『忍ぶ川』で知られるが、短編の名手だ。平易な文体で読みやすい。この本も実にすらすらと読み通すことが出来た。わずか30分で3分の2、100ページを越えた。正確な表現に加えて、井伏のエピソードが実に“上品”でそのひととなりを彷彿とさせるのだ。私も一度清水町の自宅で井伏に面会したことがあるから、あのときの風貌を思い出しながら読んだ。

意外にも(意外ではないかもしれない)、井伏は中野重治と懇意であったようだ。互いに尊敬する仲と思われる。この二人がある文壇のパーティで出会った様子を、三浦が書いている。その両者の佇まいが実にいい。この出来事は、三浦は他でも書いていて、それは「笑顔」という随筆になっているそうだ。今度、図書館でも行って探そう。

三浦は八戸の人で、その郷里に井伏を連れて行ったことが出てくる。久慈街道の旅という主題で井伏が書いていたときのことだ。道すがら、井伏は三浦に「このあたりは、稗を食べるか粟を食べるか」と聞くと、三浦は知らないと答えた。郷里の穀類ぐらいは知っておくべきだと諭したとある。井伏の観察眼というか取材ポイントが分かって面白い。

このごろの新しい小説の薄いのは、そういうアトモスフィアとかヒストリーが描かれていないからかなと思った。むしろ漫画のほうが深い。こうの史代の呉の描き方などは、井伏のそれと匹敵すると言ったら言いすぎか。こうのも井伏も広島の人だ。ただし、こうのは芸州、井伏は備中の人だ。

話を戻すが、三浦の文章を読んでいて、東北が恋しくなった。雪の津軽路や南部路はいい。先年、会社に向かう途中、気が変わって北上線の和賀まで行ったことがあった。雪の季節だ。ふらりと出かけたから、夜になって宿もなく、山奥の温泉場まで行った。その宿で、夜中に窓を開けて、しんしんと降る雪を眺めた。「忍ぶ川」のなかにそんな場面があったことを、今思い出した。あのとき芝居がかったことをやったのは、この小説の影響だったのかもしれない。

今年になって、北陸や東北では雪が多いと伝えられる。敦賀の実家の屋根は大丈夫かと気にもなるが、東北の雪の無人駅も捨てがたい。どこかへ行きたい。夜の雪道を歩いてみたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-01-07 10:13 | Comments(0)
<< ルネサンスの空(そら)夢 世界にただ一冊の活字本 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧