人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

世界にただ一冊の活字本

世界にただ一冊の活字本

暮れに不思議なネタを2本追った。ひとつは画の話。もうひとつは本の話。

それを聞き込んだのは、上智大学でキリシタン文化研究会が開かれたことから端を発する。
12月5日のことだ。会には出席せず、参加者を上智の正門で待っていた。寒気のきつい日だった。高揚してキャンパスから出てきたその人から、会のなかでの素晴らしいエピソードを聞かされたと話が始まった。世界にただ一冊しかないキリシタンの本が、400年の時空を越えて、北京で見つかったというのだ。

報告したのは、K教授。キリシタン版「サカラメンタ提要」の付録が、北京のイエズス会の管轄した教会の地下に眠っていたことが分かったのだ。詳細は書かないが、戦前にそういうものがあるらしいということは噂にはあったようだ。が、戦後、所在は不明となり、もはやないと思われた書物が、1年ほど前に見つかったのだ。気がつかなかったが、新聞の外電発の記事にも出たようだ。

その付録本は、1605年に長崎で印刷された。ポルトガルやスペインからやって来た修道士たちはグーテンベルグが発明した活字印刷機も運んできたのだ。発明から数十年しか経っていない。その印刷機を使って、日本人向けのカトリックの典礼のやり方を記した本を数十冊作った(らしい)。日本で最初の楽譜も掲載された。なにより、ローマ字を使って「日本語」で表された文章も混じっている。この本が発行されて、2,3年でキリシタン禁教令が発布される。本はご法度となり、ほとんどの本は破却、焚書された。
すべて失われたと思われた、この書が、遠く海を渡って、中国大陸で発見されたのだ。

これは、宣教師によって東洋宣教の本部があったマカオに持ち込まれ、そこから、さらに先の北京に届けられたと思われる。この本の旅した場面を想像すると、わくわくするものがある。

手書きの写字本ではない。活字印刷された本だ。つまり、複数あった本だが、それがすべて人為的に失われて、そのなかの1冊だけが辛うじて残ったのだ。世界で、ただ一冊の本。天下の孤本だ。

この本が影印として、雄松堂から出版された。昨年の11月中旬のことだ。その発行を記念して編者であるK教授が、研究会で顛末を語ったのだ。
私は、翌日、その出版された本のことを聞くために雄松堂のN会長と会った。実は、この本の所在を掴んだのはN会長自身だ。その本を発見していく経緯などは、聞いていてわくわくする。出来るなら、そのときにカメラが記録していたら、めっぽう面白いドキュメンタリーになったのではないか。残念ながら、すべて事は終わってしまって、私たちはその結果を聞かされることになる。これでは、テレビのドキュメントは成立するのが難しくなるのだ。縷々、話を聞きながら、私は幾度となく、これを同時進行でカメラ取材できていたらなあと、ほぞを噛むのであった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-01-05 17:19 | Comments(0)
<< 早朝出勤して ミケランジェロの人生 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧