人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ミケランジェロの人生

ミケランジェロ

昨夜も家にたどり着いたのは午前1時。このところ番組仕上げの作業で遅くなることが多い。おそらく、今夜もテッペンを越えるだろう。なにせ、相手はルネサンスの巨匠ミケランジェロ。一筋縄ではいかない。そこに加えて、制作体勢があまりにタイトで、極少部隊の少人数なのだ。
90分で、ビデオ構成のこの類の番組なら、メインのディレクターのほかに3人ほどアシストが付くものだが、今回はひとり。たったひとりで映像の編集をしたり、ナレーションのコメントを書いたり、吹き替えの原稿を作ったりしている。おのずと、オーバーワークとなる。彼女は一昨夜も家に帰らず、徹夜となった。まあ、どんな番組でもそうだが、楽に作らせてくれるということはない。必ず、剣が峰に一度は立たなくて、番組というものは出来ないものらしい。

バチカンのシスティーナ聖堂の天井画にミケランジェロが挑んだのは30代半ばだった。まだ働き盛りである。だから、4年かけて一人で描きあげるなんて芸当が出来たのだろう。それでも、あの大壁面をひとりでフレスコで描くなんてことは、とても人間ワザとは思えない。元来、彫刻家が本業で、画歴はそれ以前に「聖家族」ぐらいしかなかったミケランジェロに、時の教皇ユリウス2世は天井に、教会の権威を示すような壮麗な作品を描けと命じたのだ。
若くしてピエタやダビデ像を作り上げて名を挙げたミケランジェロに、教皇は目をつけ、当初は自分の墓所を作れと命じた。ミケランジェロの彫刻の才能を生かした華麗な墓を所望したのだ、教皇は。ところが、途中から気が変わり、ミケランジェロに天井にフレスコ画を描けということになった。フレスコなんてことをやったことがないミケランジェロはむくれた。やりたいのは彫刻であって、画ではない。おまけに教皇は画材費も潤沢にはくれない。とくれば面白くないにきまっている。とうとう、彼は現場から逃げ出すということもあったらしい。それでも、とにかく4年かけて、日夜、天井を見上げて絵筆を執りつづけた。最初は4人の助手もいたが、フレスコの技を覚えると、それらもすべて追い出して、たったひとりで描くこととなった。

 ミケランジェロが弟子を追い出したのか、弟子たちが出ていったのかさだかではないが、おそらくチームワークなんてもっとも不得手とするのがミケランジェロだろう。心気症的情緒不安定で、短気で独善的で、かつ不寛容な人柄とくれば、寄り付く人もいない。ところが、こんなミケランジェロを愛したのが教皇ユリウスだ。彼は戦争ばかりする「恐るべき教皇」だったが、ミケランジェロの才能と人となりを愛したようだ。当初、天井には12人のキリストの使徒を描いてほしいとユリウスは願ったが、ミケランジェロはそれでは凡庸だと主題を変更する。それをユリウスは立腹するわけでなく、変更した主題を許す。これほど、教皇はミケランジェロを気にいっていた。
たしかに、天才は天才を知るということかもしれない。凡人では嫌になるような強引傲慢なミケランジェロの性格も、織田信長のようなユリウスならば愛することが出来たのかもしれない。

今回、この番組を作っているうちに、昔読んだ岩波新書の「ミケランジェロ」をもう一度読みたくなった。著者は、羽仁五郎。さらに花田清輝の「復興期の精神」もだ。林達夫もミケランジェロについて何か書いていたはず。そうだ、杉浦明平もあった。これらすべて大磯の書棚にあるはずだから、イチ段落したら、読むことにしよう。

でも、ミケランジェロの晩年を考えると辛い。天井を描いてから30数年後に、正面祭壇の壁に彼は「最後の審判」を描くことになる。60を越え、老年の域に入っていた。天井と比べて、圧倒的に画が暗い。緊張している。
クライアントであるクレメンス教皇の指示があったにしろ、なんとも画風は否定的なものとなった。この出来事が、彼の苦しい晩年を示唆するように、辛い人生を送ることになったのだ。

さて、この番組の放送予告を記しておこう。
1月15日(土)アート・サスペンス「バチカン・シークレット~ミケランジェロの謎を追え」
夜8時から9時半まで。NHKハイビジョン放送にて。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2011-01-05 09:13 | Comments(1)
Commented by あんぷおやじ at 2011-02-08 03:34 x
始めまして。
ミケランジェロのキーワードで訪問しました。
ミケランジェロの解釈は参考になります。勿論バチカンシークレットは録画して大切な研究資料になりました。
又定年再出発にも共感しますが、団塊は常に最前線?で寝食忘れるように仕向けられ未だに実行しています。
<< 世界にただ一冊の活字本 箱根で起こされて >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧