人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

面影の変わらで

面影の変わらで

年の残りも少なくなった。ここに来て仕事がいっぱい入ってきて嬉しいやら苦しいやら。毎日、深夜まで編集が続いて帰りが遅い。久しぶりに昨夜は早く帰ることができ、おまけに故郷(くに)から越前蟹が届いていたので、1はい食べた。腹がくちると眠くなり、10時過ぎには寝た。
明け方に目が覚めた。枕元にあった『蕪村句集講義』を拾い読みする。冬の句で立ち止まって熟読する。

としひとつ積もるや雪の小町寺

きれいな句だ。としと雪をひっかけてあるのだが、また歳をとっていくのだという哀れさと若い日のことを忘れられない淋しさが入り交じっている。この句の発想になった和歌。
面影のかわらで歳のつもれかしたとひ命は限りありとも 小町

たとえ歳をくっていくとしても、昔日のおもかげよ変わることなく。というぐらいの意味だろうか。作者は小野小町で、卒塔婆小町の心境か。深夜にこの歌と句に出会って、つくづく共感をする。書を横に置いて、遠い日のことを思ってしまう。

先日幼なじみから歳暮が届いた。敦賀の蒲鉾だ。歯触りのいい蒲鉾を思い出したら、幼なじみの数人が現れた。みな中学生の顔だ。私もそこにいた。教会の門の前で記念写真を撮っている。私はセーターを着て、学生帽をかぶっている。蒲鉾を送ってくれた友は自転車に乗っている。所在も知れなくなった女の子が聖書を胸にかかえて微笑している。他の友らもみな笑っている。異性を意識しはじめた頃の風景だ。

あの頃は早く大人になりたいと願った。大人になったら、好きなものをいっぱい食べて、行きたいところへ行って、やりたいことをやるのだと野心をもやしていた。なんで、あんなに早く時間が経つことを願ったのだろう。なんで、あの頃にもっと止まっていなかったのだろう。あの頃の私に呼びかけてやりたい。「おーい、まだ来るな。おまえの居るところをもっと沢山覚えておけよ」あの風景の背後にはいちじくの木が茂っていた。そよ風が吹いていた。

聖書を胸にかかえていた少女は、親が夜逃げをしたということで親戚に引き取られ、その後行方が知れなくなった。どこへ行ったのだろう。会って中学生だった時代のことを話し合ってみたい。
ー―遠い日のことを、蕪村の句を目にしながら思った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
 
by yamato-y | 2010-12-28 09:33 | Comments(0)
<< 2010年とはどんな年だったか 昭和サブカルチャー >>


最新のトラックバック
外部リンク