人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

患者の代表

患者の代表

日曜日、高輪の大きなホテルの会場で、看護学会が開かれた。主題は、「未来にはばたく看護―新しい価値の創造」。全国から数百人の看護師が集った。そこで開かれるシンポジウム「社会が求める看護実践力とは」に私は患者の代表としてパネリストとして参加した。

これへの参加を仰せつかったのは半年前だ。胃がんの手術を受けて、その主治医から年末に開かれる看護学会で、患者の代表として意見を言ってくれませんかと、誘いを受けた。たしかに、その話があった頃、私は看護師たちに対して深い感謝の念があった(むろん、今もあるが、当時は本当に感謝していた)。癌の手術と聞かされて、いささか落ち込むことがあった私に、ナースたちはカラッと対応してくれて、おまけに体の回復まで面倒みてもらった。その恩義が忘れられなかったから、パネリストでも何でもやりたいと、私は思ったのだ。

いったん、パネリストの役目を引き受けたものの、私が患者、クライアントの代表として経験を語るにふさわしい人間なのだろうか。その点で迷いが出た。2ヶ月ほど悩んだ。

 そして、昨日の本番。予想していた以上に盛大なもので、会場に入ったときから気後れした。シンポジストは、他に医師の栄養治療センター部長、医療ジャーナリスト、看護師長の3人。みなプロばかり。そこで、語られるのは栄養治療の絶大な効果であったり、欧米の終末医療のノウハウだったりして、内容が深い。
 患者体験者としての私は何を語ったらいいのだろう。3人の間に挟まって、一度か二度ほど発言すればいいだろうぐらいに思っていた私があまかったことを、会場に行って知る。
 司会者から、各シンポジストはシンポジウムの冒頭に一人ずつ15分ぐらいの問題提起スピーチを行うようにと指示された。その文脈で、大会の冊子に書かれた各シンポジストたちの主張を読んでみると、きちんと論点が表出されている。私のだけが、手術をして数日間の悶々とした体験を語っているにすぎない。論文でもなければノートでもない。エセーだ。そんな私にスピーチの課題が出されて青ざめた。しかし、私だけ報告しないというわけにもいかない。何か、気のきいたことを言わなくてはならない。
何がいいか。時計を見ると、開始まで30分しかない。慌てて脳裏のポケットを探る。病気を、私自身の仕事と結びつけるエピソードはないか。必死で考えた。
 挙句、大江さんの広島体験から学んだ出来事を紹介することにした。「病気という物語」という副題で話をすることにした。大急ぎで、ネタの事実関係を頭のなかで洗いなおす。

話の流れはこうなった。自己紹介→大江さんとの出会い→「ヒロシマノート」の出来事→物語とは→冬のソナタから学んだ物語→私の胃がんの物語。所要時間、およそ12分。声がうわずるのが自分でも分かった。なにせ、ほとんど女性ばかり。しかもツワモノばかり。
内心、こんな俗な話をしたら笑われるだろうなあと自己卑小しながら語った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
 
by yamato-y | 2010-12-20 17:44 | Comments(0)
<< 1年経った 四季を通じて >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧