人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

デカダンスに溺れるか それを超えるか

デカダンスに溺れるか それを超えるか

 多忙な土曜日を終えて、深夜から未明にかけて自堕落な時間を過ごした。
江国香織原作の映画「落下する夕方」のDVDを見て、そのまま江國の最新作『抱擁、あるいはライスに塩を』の続きを読んで、最後まで読み通して。ふんと少し感心して、「だから、どうなんだ」と憎まれ口を江國にききながら・・・。

清岡卓行のエッセー「郊外の小さな駅」を手にとる。鮎川信夫の死にまつわる挿話と清岡の感懐を眼にしたときから、猛烈に清岡の小説を読みたくなる。「アカシアの大連」でなく『マロニエの花が言った』を。晩年の10年間に書かれたという。83歳で死去しているから70歳を過ぎて、ため息が出るような美しい小説を書いたことになる。

清岡の大連というイメージから、戦前の植民地、白系ロシア、ライスに塩、とぐるぐる酩酊が起こったらしい。
「郊外の小さな駅」のなかに、辻征夫の名前を見つける。この人が唯一出演したテレビ番組を私は作った。ねじめ正一がキャスターをした『未来潮流』。辻は下町のそば屋で朴訥とインタビューに答えていた。そのと引用された、彼の詩がとてつもなく美しいことに驚いた。辻はそれから数年しないうちに死んだ。四十代であったはずだ。

清岡卓行の最晩年に口述筆記された詩、「ある日のボレロ」。
その一節ー―デカダンスに溺れるか それを超えるか
旧制高校生の匂いを残した言葉、デカダンス。

この文言に惑わされて、気がついたら白々と夜は明けていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-12-12 11:42 | Comments(0)
<< 四季を通じて 天国の門が開いた >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧