人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

天国の門が開いた

天国の門が開いた
天国の門が開いた_c0048132_12405316.jpg


昨夜は冷え込んだ。掛け布団に電気毛布を加えて、私はくるまったが、深夜あまりの冷え込みに目が覚めた。その分、星座が美しかったのはよかったのだが――。
明けて、今朝は空が晴れ上がった。真っ青な空がどこまでも広がる。背戸の山を久しぶりに撮影した。この家は、建築家がエーゲ海のサントリーニ島をイメージしたと吹聴したごとく、紺碧の「青」が似合う、海であれ空であれ。その屋上に上がって、深呼吸すると青い冷気が肺のどこまでも染み込んでいく気がした。

時刻が来て、会社に向かうため紅葉山を降る。ツヴァイク道を久しぶりに味わいつつ下った。大きな広葉樹は葉をすっかり落としているから、森は明るい。下草にまで日が差している。常緑の木々も粒だった光をまとっている。

どこかで見た光だと考えた。イタリア、ヴェネト地方の農村で見た風景だ。あの朝も冷え込んでいた。

泊まったホテルの玄関のカフェーで、私はカフェオレとクロワッサンを頬張っていた。そこへ、葉兄弟が嬉々として飛び込んできた。
「凄い、凄い。天国の門が開いていますよ」と興奮気味の葉祥明さん、絵本作家。彼とともにイタリア、アッシジのフランチェスコの旅を始めたばかりのときだった。絵本コンクールで有名なヴェネト地方の村から出発したのだが、その旅のはじめに、素晴らしい朝の風景に我々は出くわす。葉さんは弟のハヤマさんと連れ立っていた。二人は朝食の前に、近在を散歩していたらしい。北部イタリアで、遥か彼方にはアルプスの枝峰も見はるかすのどかな田園だ。光はすぐ変わるから、朝食など後回しにしてすぐ見に行こうと、葉さんは誘った。
内心、私は苦笑していた。(大げさだなあ、天国の門が開いただなんて。やはり、絵本作家はロマンチストなんだ・・・ぶつぶつ)

旅籠(ホテルというより、小さく鄙びていたのでそう呼びたい)を出て、裏道を抜け、木橋を渡ると、刈り入れのすんだ畑が広がっていた。中央には遠くアルプスからやって来る水を満々とたたえた小川が流れている。光が降り注いでいた。すべてのもののカタチが、光をまとって、この世とは思えないほど明るい。そして截然としている。風が冷たく、鼻の奥をつーんと刺す。小鳥の囀りが、川の音を縫うようにして聞こえてくる。大きな農地を斜めに横切りながら、草や川や、遠くの山々を珍しそうに私は見た。飽くことがなかった。

・・・今から10年ほど前に見た光景が、今朝の私に甦ってきたのだ。紅葉山の中ほどで見下ろした相模湾はきらきらと輝いていた。三浦半島も先のほうまで見えた。
天国の門が開いた_c0048132_12404380.jpg


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-12-10 12:33 | Comments(0)
<< デカダンスに溺れるか それを超えるか 冬の星座2 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧