人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

週末になった・・・

そこにある危機

今から70年前、日本軍は北部仏印に進駐し、東南アジアの緊張はいっきに高まった。マレー半島、シンガポールに権益をもつ英国軍と衝突する虞れが起きたのだ。アメリカは日本の行動を非難する意味もこめて、くず鉄の日本への輸出を禁止する。日米の間でも大きな軋みが生じていた。その3年前から始まっていた日中戦争がいっこうに終熄する気配がないまま、日本はアジアのなかで行き場を見失い、瀬戸際のパフォーマンスと外交をアクロバティックに演じていた。

 最近、日米開戦の資料を読むことが多い。1938年から1941年ごろの出来事だ。次第に危険な水域に近づいている北朝鮮の行動が、当時の日本の動きと重なって見えてしかたがない。英蘭米から見れば、日本の動きは不可解であったかもしれないが、日本国内にあってはそれなりの理由があって行動を起こしていた。明治維新以来海外雄飛を遂げてきたと思われる既得権益が損なわれるかもしれないという焦燥の炎が、国民の間で大きく燃え上がりつつあったのだ。仏印進駐から翌年の真珠湾まで軍部もおおいに揺れながら、少しずつ「危機」のほうへ歩を進めることになる、ということを、後世に生きる私たちは歴史によって知る。

 折しも、ヨーロッパでは英国とドイツが戦火を交えて、第2次大戦が起きていた。やがて、ポーランド侵攻、独ソ戦と戦火は拡大していく大きな分岐点に人類はさしかかっていた。ユーラシア大陸の西と東で、それぞれ個別の緊張があったのだが、やがて、1941年の12月8日の真珠湾攻撃でその二つは一つに繋がることになる。そういう出来事を私たちは歴史として知っているとすれば、現在の危機に対しても歴史的理性をはたらかせねばならない。

 現在、制作中の「ベトナム戦争」で、従軍記者だったドルーにインタビューしている。40年前の従軍体験を振り返りながら、彼はこういうようなことを語る。
「アメリカで今でもあの戦争を理解していない人がいるかぎり、僕の戦争は終わらない。ベトナム戦争を理解していたら、イラク戦争はなかったかもしれない」「ブッシュ大統領が戦争をはじめたとき、こんな馬鹿なことはないと思った。」この言葉を、今あらためて噛み締めている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-11-26 07:29 | Comments(0)
<< 硬化 不思議な夢 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧