人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

不思議な夢

不思議な夢

6時半に眼が覚めた。白い朝の光のなかでさきほど見た夢のことを思い出し味わっていた。

昭和30年代の東京郊外、たとえば三鷹のような町に私たち一家は一軒家を手にいれる。
この町の光景は、小学校のとき国語の教科書で読んだ、ある華族の娘の郊外電車の旅で描写されたものだ。井の頭公園、三鷹という地名があった。娘は東久邇か鷹司とかいったと思う。電車から見る朝の風景がさわやかで、夏の風が吹いていた。

 私はまだ30代になったばかり。家人はさらに若く、幼妻のような容姿。
子供は二人いるが、ふたりとも男の子。上の子は中学に入ったばかりで、頭は坊主刈り。すこしひねこびている。下の子は小学校中学年で、まだ幼い。
その4人で、まわりが桑畑のような緑深い町の中古住宅に住みはじめる。


あるとき、周りの景色でも味わおうと、4人で家の前の道に出る。舗装もされていない砂利道の端に細長い座布団を敷いて、みな腰を下し前方の風景を眺めている。そこへ、意地の悪そうな中年女性がやってきて、通りに座っているなんて迷惑だと言わんばかりに、私たちの間を抜けていく。

場面が変わって、同じ町の外れに芸術村の長屋がある。芸術家のインスピレーションが生まれるような施設として、国が用意したもの。といっても昔からの長屋を改造した代物。ピアノの音が流れたり、油絵の絵の具の匂いが立ちこめたりしている。それぞれの家は大きな雪見障子の玄関だから、内部が透けてよく見える。

 世界的な音楽家が芸術村にやって来たと聞いて、私がやって来る。その家におとないを入れると、奥様が出て来る。私の家に来て音楽を作ってくれないかと頼むと、奥様は了解して、私の家に行こうという。
私は、奥様と音楽家の弟子たちを引き連れて、桑畑のなかにある我が家を目指す。音楽家はあのオザワのような顕示欲のつよい人だが、指揮者でなく作曲者である。姿はないが、私たちより遅れて来ている気配だけ、私は感じていた。

我が家の前に着くと、家には誰もいない。私は探しまわる。すると、髪を切ってボブにした高校生のようなセーラー服を着た家人が恥ずかしそうに立っている。「先生を連れてきたから、子供たちもみな呼んで」と声をかけると、全員が広間に集まる。
私たちの一家4人のほかに、先生の奥様、弟子たち。それに見なれない兄弟のような、男の子ら数人が正座している。二人ずつ、3組ほどいる男の子たちはよく観察すると、いじめ行為をしている。苦々しく私は注意をする。

それにしても、先生が来るのが遅い。私は、「ちょっと探してくる」といって席を立つ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-11-25 09:15 | Comments(0)
<< 週末になった・・・ 波高し、黄海 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧