人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

大磯日和 (2010年11月23日祝日)

大人になっても

夜来の雨があがり、すっかり秋晴れとなった。風が強いから陽射しがくるくる変わる。高い空には雲が流れていく。湿度も低くまさに「爽やか」な陽気となった。寝床から高窓を眺めていると、棧のあたりを柱の影が移ろう。強い風のせいだ。光の泡が部屋の内外を行ったり来たりして、見ていて飽きない。

午前のツヴァイクの森を降る。森の中央にある大ケヤキがはらはらと葉を落とす。「もう終わりだよ」と告げるように葉っぱたちはゆっくり山道に落ちていく。草むらにはススキの銀色の穂が風に揺れ、石蕗(ツワ)の黄色い花が道沿いに並んでいる。紋白蝶がはかなげに飛翔している。まもなく終わろうとする命の最後の営みであろう。鳥の囀りがせわしない。
坂を下りながら、私はふかぶかと呼吸する。こんなにゆったりとした気分はここしばらくはなかった。

麓まで降りると、正面の海に江ノ島がくっきりと浮かんでいた。水面はエメラルド色に輝いている。大気がよほど澄んでいるのだろう。鎌倉稲村ガ崎あたりまで見はるかす。駅へ続く道の大ガード。そばの大銀杏が全身黄葉していた。何万枚という黄色の葉をまとった銀杏は風と戯れている。万朶の葉はまだついている。
春夏秋冬、大磯はいろいろな顔を見せるが、秋が一番だと思う。

昨夜ネットで見つけて以来、ずっと脳裏を離れない歌がある。30年前に流行った「初恋の丘」という由紀さおりの歌だ。作詞は北山修。冒頭から、今朝の気分とシンクロする。
♪まぶしく輝く青い大きな空も
ときどき私のものじゃないふりをする
♪大人になってもひとりぼっちはつらい
初恋の丘にもういちど帰りたいな
 
字あまりの歌詞を美しいメロディがきちんと支える。
作曲者の名前を見てかすかに驚く。ジャズピアニストの渋谷毅だ。彼は昔からこども歌のいい曲を書いていたから驚くことではないのだが、彼の辛い境遇を考えると、かくまで美しいメロディを書き上げることにやはり驚かざるをえない。作曲家の福田和禾子さんは渋谷の同級生で、その才能を前からたたえていたことを思い出す。福田さんは渋谷の健康のことをいつも心配していたが、その福田さんが先年60歳にもならない前に死去した。渋谷は元気なのだろうか。繊細な彼が生き延びるということは至難だ。
ここだけの話だが、私は戦後の日本の歌のなかで、中村八大と渋谷毅が最高のメロディメーカーだと信じている。
そして、北山の歌詞カードが沁みる。
♪お嫁にいくことだけが道じゃないけど
やっぱりひとりじゃ生きてゆけないのかな

40年前の金沢時代を思い出す。当時は、女友達の半分は見合い結婚だった。気に染まない縁談を親から押し付けられて、こんな言葉を発した人がいた。彼女も今では老境にある。その後の人生はどういうものであったのだろう。少し聞いてみたい気もするが。

こうして、午後0時15分大磯発東京行きに乗る。祝日とあって、伊豆からの帰り客で車内はやや混んでいた。窓際に席をとってこの記事を書いている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-11-23 15:09 | Comments(2)
Commented by 函館のシト at 2010-11-28 17:11 x
渋谷毅さん、健在ですよ。佐良直美が20数年ぶりに出した「いのちの木陰」の作編曲も手掛けられています。
Commented by 函館のシト at 2010-11-28 17:15 x
連投失礼します。
佐良直美も風の噂で渋谷毅が亡くなったと聞いたので、今更歌いたくないと断るために「渋谷さんに曲書いて貰えたら歌ったんだけど残念ね」と言ったところ、スタッフが「この前逢いましたよ、渋谷さんと。お元気でしたよ」と・・・。

そんな話をラジオで佐良さんがされていました。
<< 波高し、黄海 地と図が入れ替わって >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧