人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

地と図が入れ替わって

地と図が入れ替わって

永井龍男の名作「青梅雨」の
冒頭のシーンのような糠雨が今夜は降っていた。ツヴァイク道のを夜を歩きぬけた。
日が暮れるのが4時半ごろの12月間近では、7時ともなるととっぷり暮れている。
人っ子一人いない森は気味が悪いのはいうまでも無い。

山道に入るとすぐ、古代の古墳が大きな口を開けている。これが苦手だ。出来るだけ、そちらのほうを見ないようにして走りぬける。山の端にはまだ日の残りのようなものがたゆたっている。うすぼんやりと空は明るいのだ。
山道は糠雨で少しぬかりはじめている。虫の音もない。たしかに秋は去り、森は冬に入ったのだと実感する。

ツヴァイク道の途中で、大きく曲がりになる箇所に来ると、私は休息をとることにしている。そこまで来て立ち止まって、空を仰いだ。

一瞬、街灯に照らされて、満開の桜のような光景が浮かび上がった。目を疑った。
こんな晩秋に桜の満開もないだろうと、目を凝らして眺めた。

やはり、私の目の錯覚だった。昏れ残った空はまだ鈍く輝く白さがあった。そこに常緑樹の葉のシルエットがインサートされる。目がまだ慣れないうちに見ると、葉っぱが暗闇に見えて、侵食された空の白さが葉っぱが茂っているように映ったのだ、私の目に。
つまり、本来の形を表す葉の「図」が背景の「地」に変わり、地である白い空が葉っぱ文様の図に見えたというわけだ。

 晩秋の森で、この地と図の反転の美しさにとらわれて、小雨がかかるのも忘れて立ち尽くした。

もみじ山の上まで上がって来て、振り返ると、谷には白い霧というか雲というか、あわあわしたものが湧いていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-11-22 20:22 | Comments(0)
<< 大磯日和 (2010年11月... 霧のカレリア >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧