人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

100万回も

100万回も

佐野洋子さんが死んだ。数年前からガンの宣告を受けて闘病していたが、ついに逝ったのだ。佐野洋子―絵本作家にしてエッセイスト、小説家。享年72。私はこの人に2度会ったことがある。一度は30年前にラジオ番組で、二度目はつい半年ほど前の初夏である。

最初に会ったのは、「100万回生きた猫」という名作をものした気鋭の絵本作家ということで、ラジオスタジオで話をしてもらった。当時、私は新米のディレクターで10歳年長のサバサバチャキチャキの佐野女史には頭が上がらなかった。「お好きな音楽は」と聞くと、流行歌。好きな歌い手はと聞けば、布施明。食えない答えばかり。本当なのかチャカしているのか、分からない。最初の結婚生活の頃だったはずだが、仲のいい女編集者と遊ぶ話ばかりしていた。打ち合わせに来た私を無視して、その編集者と「どこそこのケーキはうまい」とか「歌舞伎役者の誰それは色気がある」とか関係ない話ばかりしていた。こんな人が、あのせつない猫の物語を描いた繊細な人とは到底思えない。不良でガラッパチな姉御という印象をもった。今考えてみると、佐野さんは照れていたのだと思う。公共放送の硬い番組の担当者がインタビューに来るということでかまえていたにちがいない。
今思い出したが、当時佐野さんはバイクに凝っていた。スリムで長い脚を誇示しながらバイクに跨る佐野さんは颯爽としていた。

その後、佐野さんの人生は大きく変化する。エッセイストとして頭角を現し、ついに小説まで書くようになる(実は小説ではなく、ノンフィクションなのだがあまりに面白いので小説と言いたくなった)。独特のガラッパチな語り口の八方破れスタイルは評判をとる。語る内容もしだいに深みを増していった。母との相克を告白した物語「シズコさん」は、軽い語り口とは裏腹の壮絶な人生論であった。
私生活も変化し、詩人の谷川俊太郎氏と同居する。二人の噂を聞いたとき、あの佐野さんは現代詩人谷川俊太郎とどんな話をするのだろうと興味をもった。
有名人になった佐野さんはテレビには出ないと公言していたから、私はアプローチもしない。だが、めざましい活躍はいつも気になっていた。
その後、谷川さんとも別れ、佐野さんは闘病のために信州だか甲州だかに引きこもった。ガンと告知されたあと、病院からの帰り道に高級外車をぽんと買ったという噂が流れた。いかにも佐野さんらしいエピソードだ。どこまでホントか知らないが、佐野さんの面目躍如と思った。

そして、半年ほど前、杉並で闘病する佐野さんと接触したと、ディレクターが話しをもってきた。一応会ってくれるという。半信半疑でお宅へうかがった。結果は見事NG。テレビにもラジオにも出る気はない。誰かが出演するような話を流したかもしれないが、私は出る気はありませんと、「男らしく」断った。少しも昔と変わっていないと、私は断りを聞きながらなんだかうれしく思った。そのときは、まだ元気そうだったのだが、こんなに早い旅立ちになるとは思いもしなかった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-11-07 11:02 | Comments(0)
<< 遠い忘れ物 エミー賞 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧