人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ミソジニー

女嫌い

朝のワイドショーでトークしている女優を見て、「わたし、こんな女の人嫌い。話が面白くないしヤマや落ちがないんだもの」とぽんと蹴っ飛ばした。へえと思って、画面を見ると、渡辺謙のパートナーで女優のYだった。
上野千鶴子の新著「女きらい」はこのミソジニー(女性嫌悪)を主題としたエッセーだ。
そんなことはあるまい、男はみな助平で女好きだよという反論がありそうだが、そういう表面でなく、深層の意識にあるものを指している。女排除の文化、それがミソジニー。

読後感が不快なので、この人の本は好きではないのだが、文章の面白さとジャーナリスティックのことで、つい手元に寄せてしまう。
日本の男たちはみな男同士つるんで遊んだり飲んだりしてきた。20年以上前の居酒屋なんて、男だらけで、女の酔客なんてホステス以外いなかった。
やっかいなことに、私が恋しく思う飲み屋の風景というのはそういうものだから、今のフェミニストには評判が悪い。

男だけでつるむ(女だけもある)というのを、ホモソーシャルというということを知ったのは、「冬のソナタ」の制作を担当している頃だった。たしか四方田犬彦の文章で知ったと思う。小津の世界で、笠智衆が昔の同級生仲間らと会って飲む光景から、ウルトラマンの隊員たちの世界まで、たいていのことはそのカテゴリーにのった。
日本だけじゃない。西部劇だってそうだ。ジョン・ウェインやジョン・フォードらの世界もそうだ。男らはみなつるみつながり、女は“紅一点”として扱われたという。

ニッポンの男はみな女ぎらいだ、というご託宣。言われて否定もしない。「べつに・・・。だからあ何か問題でも・・」という開き直りに似たものから、「そいでも、最近の若い男は少しは違うんじゃねえの」という妥協まで、感慨の幅がある。

女嫌いの男が唯一好きな女が母。自分を生み出してきたことは否定できない。だから、かーちゃんの悪口を言われると男はいきり立つ。軍団を組んでえらそうにしているたけしが、母ちゃんのことを言われるとへろへろになり、マッチョな言動のアベシンゾーが母親に頭が上がんない。古来、悪口は母を引き合いに出す。「やーい、やーい、お前の母ちゃんデーブ。百貫デーブ」「お前の母ちゃん、デーベーソ」

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-11-05 18:18 | Comments(0)
<< しがみつくなと言われても どこに行くのか >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧