人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

どこに行くのか

どこに行くのか

60代というのがこれほど死の谷を歩む期間になるのかということを、あらためて思い知る。日々実感している。
さしあたって致命的なことが起きているわけではないが、処々肉体の不具合が発見されることが続いている。消化器系が衰弱し、泌尿器系が停滞し、血管系が綻びはじめるなどと、わが肉体に潜んでいた悪童どもが一斉蜂起したといわんばかりの賑やかさ。連鎖するかのごとき蠢きに身体は悲鳴を上げ始めている。これまでの不摂生のせいであろうか。
しかも、50代と違って病は正面から襲ってこない。後ろから追い越してきて突然ふりかかってくる。病気慣れしていない当方としては、まるで赤子の手をひねられるように屈服させられ、戦慄する。

ゴーギャンの言葉だったと思うが、「人はどこから来て、どこへ行くのか」というが、今の私の関心はどこへ行くのかしかない。はたして、人はどこへ行くのであろうか。

今、ミケランジェロの番組を制作していることもあって、彼の生き方否いかに死んでいったかに目が向いてしまう。
天才たちというのはグループで“転生”するらしく、彼と同時代に生きた人物にダ・ヴィンチやラファエロがいる。秀吉が信長や家康たちと同時代であったように、北斎と広重が互いにライバル視したように。
ミケランジェロ(以下マイケルとする)が生きた時代はルネサンスの盛期であったというと、いかにも安寧で華やかに思われるが、社会自体は抗争と不正に満ちていた。生命の危険はたえず隣り合わせであった。マイケルも数回暗殺の対象にもなっている。

マイケル、ダ・ヴィンチ、ラファエロのなかでも特に危険に満ちた場にあったのはマイケルのはずだ。だが、彼らの行年を比較すると興味深い事実が浮かび上がってくる。
マイケル89歳、ダ・ヴィンチ67歳、ラファエロ37歳。もっとも安全な暮らしを送っていたラファエロはわずか37歳で死んでいるに対して、マイケルは89と長命を生きている。だが、当人にとって長寿は必ずしも嬉しいことばかりではなかったようだ。その日その日を呪詛するかのようにして、生きながらえねばならなかった晩年。
今の私から見れば、マイケルの苦難に満ちた後半生は痛々しいかぎりで、ラファエロのような人生を与えられたほうがよほど気楽であっただろうにと同情する。

今気がついたのだが、北斎は90まで生きて広重は62で死んでいる。ミケランジェロという人は北斎のようなキャラクターだったのかもしれない。派手で激情的で扇情的で・・・。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-11-04 18:28 | Comments(0)
<< ミソジニー 橋をめぐって >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧