人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ソン・ガンホ

 ソン・ガンホ


文化村で、韓国映画「大統領の理髪師」を見た。うわさに違わず佳作だった。
パンフレットの解説で、川本三郎さんも書いていたが大衆のエネルギーを描いた
ファルス(笑劇)だった。ファルスはコメディやお笑いとはやや異なる。もっと政治的
というか社会に対して批判や抗議を含んだものだ。
 かつて、花田清輝がよく使った言葉だ。
今の日本にはないジャンルだ。逆に、韓国社会は民主化の長い戦いを経て
現在を作り上げただけあって、社会批判も堂に入っている。かつてであれば、学生
運動、労働運動を敵視したり、軍事政権の非道ぶりをあげつらったりと、常套化した
物語だったが、この映画はそんな硬直性を持たない。

だいたい、あのパク大統領をモデルにした大統領の散髪屋さんという設定がたくみだ。
この監督は第1作というが、すごい才能が現れたものだ。
語り口は、「シャル ウイ ダンス」の周防監督や「ウォーターボーイズ」の矢口監督に似ているが
内容や人物の深さは、かなり差があるのではないだろうか。

でも何よりいいのが俳優たちだ。子役もいいが、理髪師夫婦が抜群にいい。
妻のムン・ソリは「オアシス」で感心したが、今回もなかなかのものだ。
そして主人公の理髪師ソン・ガンホ。実にいい役者だ。彼の父性愛の演技に
ジンときた。がさつで武骨で繊細な表情・・1作ごとにソンは違う顔を見せてくれる。

映画を見た帰り、ツタヤの前を通ったら、またソン・ガンホの演技が見たくなり、「殺人の
追憶」のDVDをレンタルした。この作品もハリウッド帰りの若い監督が指揮しているが
実に、コクのある作品だ。

ソンはこの映画「大統領理髪師」のシナリオを読んで、たとえ若い監督であろうと
やりたいと意欲を見せたという。
そして、主役でもないのにムン・ソリを交渉するなどできないと、引いていた監督に代わって
ソン自身がムン・ソリを口説いたという。

にしても、ソン・ガンホのような役者は日本にいないのかしらん。
いた。一人いた。
川谷拓三だ。拓ボンも同じ思いをもっていた。
このことについての詳しいことは別の機会に譲るとして
ソン・ガンホは、私にとってユン・ソクホと同じくらい、韓国の現代を知るための
重要な存在だ。

「殺人の追憶」のソン・ガンホ

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング




ソン・ガンホ_c0048132_1335028.jpg

by yamato-y | 2005-04-19 08:47 | 登羊亭日乗 | Comments(2)
Commented by 三浦 洋子 at 2005-04-20 23:14 x
はじめまして!! 私もソン・ガンホの「大統領の理髪師」2回も渋谷まで見に行きました。笑って最後には泣けて泣けて感動しました。韓国のドラマも映画も「冬ソナ」がキッカケでした。今はユン・ソクホ監督の「秋の童話」にはまっています。ドラマを見終わっても涙がとまりません。こらから
最終回に向かって切なさが一層増すようで、心がゆさぶられる日々が続いてます。なんでこんなに感動するんだろうかと自問自答しています。
定年再出発のこのブログも楽しみにしています。
Commented at 2005-04-22 11:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 渋谷の町今昔 夢の道 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧