人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

南山寿――「父ありき」

南山寿――「父ありき」

小津安次郎の「父ありき」を見る。以前にも一度見たことがあるが、きちんと理解できないままだったので、再度見ることにした。
映画の冒頭に、戦前の美しい金沢の町が出て来る。2カットめの川沿いの町はきっと主計町にちがいない。3カットめが武家屋敷。私が学生時代を送ったころの風景と同じで、懐かしい。

 金沢の謹厳実直な中学校の教師が、修学旅行の最中に教え子を事故でなくし、その責任をとって辞職する。主人公を笠智衆が演じている。教師には一人息子がいるが、妻には先立たれた身の上。辞めて信州の上田に引き込むが、息子は寄宿舎に入ることとなり別々の暮らしとなる。片親だけで育てられた幼い息子は、つねに父親と一緒に暮らしたいと願いつづけるが叶わずさみしい思いをしている。やがて父は東京に出て工務店とおぼしき所に勤める。子は仙台の帝大へ進学。卒業後、秋田の工業高校で教鞭をとることになる。二人は、東京と秋田と離ればなれとなり一緒に暮らすこともない。

 やがて、息子が兵隊検査で帰省したときの1週間だけが、親子みずいらずの生活となった。温泉につかり、渓流で釣りを楽しんだ。その旅の終わり頃に、父は心筋梗塞で倒れた。旬日経ないうちに、父は永眠する。

 その今際の際で父は一言。「仕合せだったよ」幸せが薄い人生だったゆえ、その言葉が悲しい。
私なら、死ぬ間際にあんな言葉を吐くことができるだろうか。きまりが悪いやら、幸せだったと手放しでは言えないやらで、きっと「痛い、痛い」と叫んでジタバタしながら死んでいくに決まっている。そんな私を見て、残された家族はどう思うのか。やはり、うちのオヤジは気が小さくて最後まで死ぬことを怖れていたのだなと、うちの息子なら言いそうだ。娘はセンチメンタルなふりをしたかったのじゃないとか、しらっと言うだろう。死んだあとがどうなるかを見てみたい気もする。人間は不自由だ。死んだあとのことは分からないのだから。

満足げに死んでいった父とは違って、息子は一度はいっしょに暮らしたいと願っていたが、それも叶わなかったと小さく嘆く。
「僕は子供の時から、いつも親爺と一緒に暮らすことを楽しみにしていたんだ。それがとうとう一緒になれずに死なれてしまった。
でも、よかった。たった一週間でも一緒に暮らせて。その一週間が今までで一番楽しい時だったよ」

此の映画が製作されたのは1942年。小津は支那事変で1937〜39年まで中国大陸に従軍。復帰の第一作は「戸田家の兄妹」で、これは第2作にあたる。軍国主義が次第に声高になっていく風潮のなかで、よくこれだけ「女々しい」作品が作ることができたものだ。ついでに書けば、この作品を作った翌年1943年には軍の映画班の仕事としてシンガポールに小津は派遣され、そこで敗戦まで止まることになる。

 映画を見ていて不思議なことに気がついた。父と子が水入らずで楽しむ温泉宿のシーンだ。二人が泊まっている部屋に襖があって、3文字の漢字が黒々と書かれてある。「南山寿」とある。この言葉に私はすぐ反応した。
かつて、向田邦子の恋文をドキュメントしたときに、恋人バブの日記にこの言葉を見つけたことがある。たしか、脳卒中を発症して闘病していたバブが愛飲していた薬の名前だったはずだ。
早速、ネットで調べた。案の定、姫まつたけから採取する漢方薬品の名である。と、同時に、これは漢詩に現われる常用句で長命を表すとある。
不落の南山のように長寿でという意味なのだ。

とここまで調べて、気がついた。この襖の文字は小津の演出なのだ。長寿を祈る言葉の部屋で、父はまもなく倒れる。そのことも知らず、父と子は互いの思いやりを感謝し、長命を祈る。
この父の死は、おそらく60歳ぐらいにあたるのではないか。当時としてもやや早すぎる死となるのだ。その死が迫る部屋に墨痕淋漓と「南山寿」。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-10-24 12:25 | Comments(0)
<< 20分 靴下のアナ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧