人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

原城の秋

原城の秋

 私の長崎時代は昭和57年からの4年間になる。今から25年ほど前のことだ。長崎大水害の年に赴任してバブルの年に東京へ戻った。ディレクターとしての本格的な修業を始めたときだ。

 赴任してまもなく、秋のはじめに「くんち」を見て感激した。あの大水害で打撃を受けたにもかかわらず、長崎の人たちはみな総出で祭を盛り上げていた。キリシタンゆかりの町と聞いていたが、唐寺や真宗のお寺の甍が広がり、至るところに墓地があった。エロスとタナトスが豊かに混在していた。長崎の町が珍しくて1年ほど見て回った。浦上天主堂、大浦、唐寺群、グラバー園、大波止、・・・。市内の移動はちんちん電車を使った。「蛍茶屋」「正覚寺」行きの電車が好きだった。春秋の修学旅行シーズンをのぞけば、電車はいつも空いていた。
 バスの行き先で「女の都」という不思議な名前があった。まるでギリシア劇のような名称だと、一人でほくそ笑んでいた。「女の都」。めのと、と読む。

3年ほど経ったころだ。長崎の町にも少し飽きて、島原へ出向くようになった。前取材のため、局車で現地を訪れることが2度3度続いた。電車で行くとなると、諫早まで出てそこから島原鉄道に乗り換えることになる。行き帰りだけで8時間近くなり、日帰りということにはならない。効率が悪いので、車利用となったのだ。それでも往復5時間はかかったと記憶する。島原半島に入ると、長崎や諫早と地質が違い、風景も変化に富んでいた。海のすぐ側まで山が迫っていた。島原へ向かうとき、小浜温泉から雲仙の山間に入って、山越えして島原へ行くコースをとったと記憶するが、はっきりしない。

島原湧水と島原そうめんの取材で出かけた帰りに、原城へ寄ったことがある。あの島原の乱の舞台となった古城だ。
一応、観光地になってはいたが、私が訪れた昭和60年当時誰もいなかった。城内は畑になっていて、農作業する人が数人いただけだ。天守閣も櫓も何もない。
城の石垣が残る岬の突端まで行くと、前方に海が広がっていた。有明海だ。この海の果てに天草があるはず。
1時間ほど、城跡の草わらに座って海を見た。ぼんやりしていると眠くなった。寝転んで空を見上げると、秋のうろこ雲が空一面に流れていた。

 城の中に、矢じりか鉄砲の弾跡でもないかと探したが、むろんそんなものは見つかるはずもない。ここで幾万という人たちが命のやりとりをしたとは思えないほど、穏やかで静かな場所だった。小1時間ほどいて城山をくだった。一般道まで出る行程を覚えている。段々畑に草が生い茂り、白ちゃけた細い道があった。がたがた車に揺られながら、ひなびた城内の悲哀を見ていた。

城を出たのは夕方近かったのか、長崎の町に帰り着いたとき、陽はとっぷり暮れていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-10-18 09:27 | Comments(0)
<< 靴下のアナ 映画と読書 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧