人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

映画と読書

映画を見ながら読書もしつつ

週末に2本の映画を見た。エリック・ロメールの「恋の秋」とドナルド・サザーランド主演の「赤い影」だ。前者は、ロメール四季4部作のひとつ。中年の女の恋を描いた作品。フランス女性の自己主張の強さに驚いたとつぶやくと、そっくり日本の男の裏返しだよと娘から厳しく批判される。我がままで自分勝手な女たちという見方そのものが、これまでの日本の男たちがやってきたことではないかという真っ当な議論。反論もできず泣き寝入り。
とはいえ、ロメールの対話の面白さには畏れ入る。男と女の機微みたいなことを日常の会話でさらりと深く描出するのだから。
しかし、冬ソナのユン監督がこの4部作から影響をうけたことがありありと分かった。

夕方になって、レンタルしてきた「赤い影」を見る。こちらは、作品の内容よりも舞台となったベネツィアの街路を見たくて借りた。
ジュリー・クリスティは美しく、その妖艶な肢体、表情にうっとりするが、なにより雨期のベネツィアの袋小路、闇小路にどんどん引き込まれて行った。この作品は最近ビデオ化されたもので、長く幻となっていた作品だと知って、感銘はより深まった。

久しぶりに目黒図書館で9冊借りた。
永井龍男「秋」、太宰治「津軽通信」、「新約聖書の誕生」、「ユダヤ教の本」、「ダ・ヴィンチの暗号を解読する」、青地保子「サラディンの日」、中野孝次「閑のある生き方」「我らが生けるけふの日」、鈴木真砂女「お稲荷さんの路地」、「ブーバーを学ぶ人のために」。借り出し期限は今月の末まで。

鈴木真砂女の著を手にとったのは、なかに備後の俳人木下夕爾のことが書かれてあったからだ。広島時代、この人物の番組を作ったことを思い出した。
家々や菜の花色の灯をともし
久保田万太郎門下のいい俳人だった。本職は薬剤師であり児童詩人。疎開時の井伏鱒二のよき釣り友でもあった。今度、この人についてきちんと書いてみよう。

ユダヤ、キリスト教関係が多いのは、来月撮影を予定しているローマのバチカンに関する情報を得ておくため。

永井龍男の「一個」を読みながら、ロメールの世界とまったく真逆の日本的な関係性ということに惹かれていく。

合間を縫って、教育テレビの「短歌フォーラム」を視聴する。全国から寄せられた短歌を披露されるのを見ていて、母の短歌作りを思い出した。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-10-17 23:55 | Comments(0)
<< 原城の秋 演劇の新しい風 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧