人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

演劇の新しい風

演劇の新しい風

 友人がつかこうへいの「熱海殺人事件」以来の衝撃を受けたから、この芝居見ろよと「映像」を渡された。劇団ポツドールという聞いたことのない劇団だ。下北沢の本多劇場にかかっている芝居だと聞いて、ふーんいまどきのお笑いのような芝居だろうぐらいになめて、「顔よ」という作品を見始めた。
 ぶっとんだ。芝居の間延び感はほとんどなく、まるでテレビドラマのようなテンポで展開する。複数のセリフがかぶるもしくは交互になるが、そのタイミングは実にこまかく演技される。相当の訓練を積まないと出来ない技を、すべての団員がもっている。そんなテクネーのようなことは二の次だ。芝居の物語がすさまじい。ニンゲンのうちにもつヤナ部分がこれでもかと露出される。どろどろ。こりゃ、どんな人間がやっているのだと、ネットでしらべた。

1996年に早稲田大学演劇倶楽部10期生の三浦大輔が中心になって結成された演劇ユニットとある。第1回公演『ブサイク~劣等感を抱きしめて~』は、タイトルからすると、今回見た「顔よ」と類似の主題のようだ。いわゆる演劇的な過剰なドラマを得意とすると解説がある。2000年7月に公演した『騎士クラブ』はとんでもない芝居だったらしい。ヌキキャバという性風俗の場で起こる客と店員のドタバタの前段があったあと、後段ではその芝居をめぐって役者自身が役作り設定などをめぐって議論するという、メタ芝居的なドキュメンタリータッチの作品に挑んだとある。この作品は〈セミドキュメント〉と称され、メディアに取り上げられるようになり、このあたりからメジャーになっていったようだ。
13回公演『愛の渦』では、「裏風俗」を舞台に人間の性欲に真っ向から向かい合い、この作品で第50回岸田國士戯曲賞を受賞する。2008年に「顔よ」を本多劇場にかけることになる。
現代の若者が、顔の美醜をめぐってこだわるワダカマリのような汚泥がどろどろ出てくるような芝居。それが「顔よ」だ。おそらく第1回公演の『ブサイク~劣等感を抱きしめて~』も同じモチーフで創られたのじゃないか。
ストリップを見ているような過激な性描写もさりながら、テメエの顔の美醜について語る役者の根性と演技に圧倒される。

この芝居の中心にあるのは作・演出の三浦大輔。75年生まれだから35歳か。高校生の頃野島伸司のテレビドラマばかり見ていたそうだ。北海道から早稲田に来た、ほとんど挫折も屈折もなく過ごしてきたとほざく。とにかく芝居のもつ臨場感がたっぷりあるが、けっして新劇風の嘘くさい段取り演出が皆無のこの芝居。生で見たい。

次回の上演は日本ではないと予告されている。いまや国際的な評価も高い。海外では「本番」も辞さないと噂で聞いた。こういう新しい風が吹いてくると、日本のビジュアル文化も少し変わってくるのじゃないだろうか。テレビのドキュメントも少し変わってきてほしいものだ。
ちなみに、ポツドールの芝居はシアターチャンネルにときどきかかるそうだ。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-10-15 07:33 | Comments(0)
<< 映画と読書 2010年秋 大磯の里 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧