人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

日常の裂け目

日常の裂け目

日常性――同じことを繰り返す。退屈だが安全でもある。
この日常性も悪いほうへ転がると、生活習慣病というものを引き起こす。糖尿病とか高血圧とかはそういう原因だと聞く。私の本態性高血圧もそういうものから派生しているのかもしれない。塩分高めの食生活という生活習慣。

最近、日常の幕が破れたのは怪我をしたことだった。ひとつは雨の日に転んで背中の皮膚を大きくはがしたこと。もうひとつは一昨日に庭で草刈をしていたときに肩を岩にぶつけたこと。血がたらたらと流れたら一瞬青ざめた。血に弱いのだ。普段とは違うという緊張感がおきた。
そのあと手当てをしながら思った。子供の頃はこんな程度の擦り傷なんてしょっちゅうやっていた。血が出ても、唾をこすりつければ直ると放置した。いつから、こんなことにびびるようになったのか、弱虫になったのか。あまりに弛緩していて、私の日常性の幅が狭くなっていることか。

 今朝の電車のなか。私の坐っている座席の上の網棚に、若い男が重そうな荷物を突然どさっと無遠慮に置いた。脚を広げてえらそうにふんぞり返っている。じろりと見たら、ガンを飛ばしてきた。負けるものかと、ガンを飛ばし返した。そのまま品川まで行った。
品川で降りたら、その男も後ろからついてくる。(喧嘩になるかも・・)と思ったが、仕方あるまい。できるだけ、やばい部分を殴られないようにするかとカバンを握りなおした。
男は私を睨み付けながら去っていった。
 緊張したが、久しぶりに燃えた。

駅からセンター街をぬけて裏道を歩いていくと、前から3人の警官に包囲された男が来た。手錠さえないが、明らかに監視されて歩いている。すれ違うとき見たが、短髪のあごひげを生やした遊び人風の屈強な男だった。おそらく同行を求められて警察に行くのだろう。何をやったのだろう。ワイドショー的好奇心がわいた。

1週間前、センター街の入り口の路地で、血を流している少女を見た。そばに警官がいて、トランシーバーで連絡をとっていた。次の日、その場所に花束が供えてあった。致命的とは思えなかったが、少女は死んだのだろうか。事のドラスティックな展開に驚いた。

日常が(私なりの日常が)ときどき裂ける。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-10-13 12:08 | Comments(0)
<< 2010年秋 大磯の里 透明人間になれ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧