人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

3本の映画を連続見して

3本の映画を連続見して

ジョン・グリアスンの「流網船 Drifters」、羽仁進「教室の子供たち」、アキ・カウリスマキ「真夜中の虹」の3本を立て続けに見た。といっても、前2本はドキュメンタリー映画の名作。尺もそれほど長くない。せいぜい40分程度だ。

まず「流網船 Drifters」。これはイギリスドキュメンタリーの古典といわれている。1920年代に制作された作品。監督はジョン・グリアスン。「ドキュメンタリー」の用語を映画に与えた人物だ。イギリスドキュメンタリー運動の中心人物で、ドキュメンタリーの歴史を語るうえでは欠かせない。この珍しい映画を、大学のアーカイブスから借りて見た。機帆船から蒸気船に変わった頃のにしん漁の様子を記録したもので、音声はない。説明は最小限の字幕しかない。プリミティブな取材と荒い編集だが、意図はよく分かる。北海の荒波のなかで必死で操業する漁師たちの姿を描いている。網を巻く姿というのは、モーションピクチャーに相応しいということが一目瞭然だ。

次の映画は、1955年当時の小学校の教室での出来事を撮影した作品、「教室の子供たち」。東京の下町の小学校の女性教師の目を通して描かれた小学2年生の子供たちの生態だ。子供のあまりにイキイキした姿に、当時話題になり、いくつもの映画賞を受賞したという作品。子供たちの自然な生態を記録する方法としての隠し撮りすることを監督である羽仁はやめて、堂々と子供たちの前にカメラを据えた。最初の2日ほどは子供たちも珍しがってカメラのほうを見てばかりいたが、数日するとまったくその意識は消えた。まるでカメラなどないかのように子供たちは自由に自然に振舞ったと、羽仁は証言している。日本におけるシネマヴェリテの最初の試みであったのだ。ところで、1955年当時小学校2年生というのは、私と同年の団塊組だ。そうやって見ると、登場する子供たちの姿は同級生たちとよく似ている。校庭での遊び方、身体検査の男女混合スタイル、給食の当番、みな懐かしいことばかりだった。

最後に見たのが劇映画。近年、評価の高まるアキ・カウリスマキの初期の作品「真夜中の虹」。たいして期待しないで見始めたら、さすがカウリスマキ。乾いたユーモアにどんどん引きずり込まれた。カウリスマキの作品はいささか被虐的なところがある。この作品の主人公もやることなすことすべてが裏目に出る駄目男。負け犬の話なのだが、ハードボイルドタッチですかっとするのだ。
フィンランドの北の果て、ラップランド。炭鉱の閉山で失業したカスリネン。父は自殺するのだが、その前に真白なキャデラックの鍵を託した。「オレのような真似はするなよ」と言い残して。その車に乗り込み、南を目指す。ロング・ドライヴの始まり。途中、二人組の強盗に有り金全部奪われ、仕方無く日雇い仕事に出る。そこで偶然イルメリと知り合う。
それでハッピーかなと思うと、予想外の展開で、主人公は刑務所に収監となる。しかも、その刑務所を脱走するというとんでもない展開が待っている。ということも知らないまま、物語のあまりの奇想にすっかり毒気を抜かれた。すこぶる面白い。★5つ。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-10-12 00:34 | Comments(0)
<< 透明人間になれ 女たちのホモソーシャル >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧