定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

女たちのホモソーシャル

女たちのホモソーシャル

女同士で話していたほうが楽しいという女性が増えている。
女は小さい頃から、彼氏がいるのとか、結婚はいつかとか、男との付き合いを強制されてきている。異性愛への強制だ。
東園子はそれを「自分の価値が異性との関係(有無)によって評価される」と指摘する。そんなことにうんざりしている女たちは、つかの間であれそういうことから離れられるものとして、「やおい的BL」があるという。
ボーイズラブ(BL)、男同士の愛というものに惹かれる腐女子というものは、とりたてて変態でもなんでもなく、心惹かれる最高の愛のかたちとして、BL的関係があるそうだ。(東園子の論のわたし的な受け取り)

たしかに、異性愛への強制圧力は大きい。(異性に)もてる/もてないということがそんなに大切なことかといいたいぐらい、世に蔓延している。テレビがそのお先棒をかついでいるのは間違いない。紳助がキリコをいじめるときの常套でありトンネルズの石橋にしてもそうだ。女性ばかりでもない。もてないということを気にやんで、秋葉原で事件を起こした男子もいた。
こんなくだらない議論から、女性たちはとっとと遁走して、今ややおい的BLを介在とした女性の絆を作りつつあるということを、知った。「思想地図5」の東園子論文「妄想の共同体」に教えられたのだ。

毎週通っている武蔵野美大の女子学生たちが示すBL的関心に、最近私もはまっている。
男同士の絆を恋愛関係としてとらえるBLという解釈は、ほかのあらゆる関係にも適用できると東論文はいう。男性間の関係を妄想してとらえるのだ。それを、私は思わぬところで教えられた。BL大好きのRさんが、先日放送した「若き宗家と至高の三味線」を作者である私とは違う形で解釈してみせたのだ。
若き宗家と、至高の三味線奏者には親子の絆というより、愛があるというのだ。二人の愛する姿のドキュメントと見れば、さまざまな出来事の矛盾がよく理解できるという。例えば、周囲の反対を押し切ってでも共演をつよく望むこととか。そのほかいろいろあるが、ここではちょっと披瀝するのが気恥ずかしくなるので省くが、なにより最後の場面で二人が抱き合ったことは、それを裏付けていると、自信たっぷりにRさんは、私の番組を解釈してくれた。
この話を聞いて唖然とした。そんな馬鹿馬鹿しいことがあるわけはない。まさに、妄想による解釈であるのだが、馬鹿馬鹿しいなかにもなにかほっこりと顔がほころんでくるようなものが、その解釈にはある。これがポイントだ。テキストを自分なりに味わう喜びがあるのだ。
こういう解釈を媒介にして、女たちはいまコミュニケーションを行い、絆を形成している。女同士のホモソーシャルな関係というものか。

与太話。やおいの世界では、男性キャラクター二人をカップルにして、能動側を攻め、受動側を受けと役割をふる。これをカップリングという。今話題の日本人ノーベル賞の業績は、2つのものを結合させる化学反応(カップリング反応)だったはず。腐女子たちは、あの理論を見ても萌えるのだろうか(笑)。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2010-10-11 18:15 | Comments(0)
<< 3本の映画を連続見して 中国人留学生 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧