人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

視覚記憶

視覚記憶

視覚記憶という言葉を、ルネサンスの本を読んで知った。
夢って視覚記憶なのだろうか。たしかに、夢は「見る」。夢を聞くとはいわない。だが、ときどき夢に音がある。大砲のズドーンという音を聞いた覚えが私にはある。一方、私は見たことがないが、色つきの夢を見ることもあるそうだ。

白昼夢というか思い出なんかは、視覚だろうか。
昨日、少年の頃に住んでいた場所に行ってきた。今となっては当時のものは何も残っていない。
というか、その場所は神社の境内になっていた。新興の神社だから朱塗りの派手な胡散臭い作りの建物の庭の一部になっていた。外側の溝だけが、昔の敷地の境界を表すのみ。あまりに様変わりした風景に言葉を失った。
現在の無機質なコンクリート塀を眺めながら、昔を思い出そうとしたが、いっこうに浮かび上がってこない。側道の草むらを、昔イナゴを捕獲した場所と思い込んで眺めたが、いっこうに視覚記憶は甦らなかった。
脳内で、ここをチマチョゴリを着たおばあさんが野せりを摘みにゆったり歩いていたという文章が浮かんだ。それは「映像」ではない。言葉、それも話し言葉であって書き言葉ではない。言葉としての記憶が甦った。

今朝、渋谷の109の前を歩いていたとき、鼻をつんと突き上げる臭いが一瞬した。ふと、高校生の頃の友達の家を思い出した。薄暗い階段を登った2階に友達は一人で暮らしていた。平凡パンチの最新号がいつもあった。親の目が届かない空間だったので、居心地がよかった。その家を思い出したのだが、別に今朝嗅いだ臭いとその家の臭いが同じというわけではなかった。ただ、同時代の何かの臭いだったことは事実だ。高校生の頃の意識に戻っていたから。シッカロールのようなきつい臭いだった。

こんなふうに嗅覚のほうが、記憶と結びつきやすい。嗅覚記憶とでもいうのだろうか。これを利用した「思い出匂い」のような薬ができると楽しいが。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-10-05 17:25 | Comments(0)
<< あといくつ寝ると 嵐の夜 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧