人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

嵐の夜

母の呼ぶ声

ポケットウィスキーをぐい飲みしたせいか、昨夜は10時過ぎに寝た。
夕方からぽつぽつ来ていた雨は夜半になって本ぶりとなっていた。屋根をたたく雨音をここちよく聞きながら眠った。
明け方、トイレで目が覚めた。雨が激しくなっていた。屋根の雨音ばかりか、庭のタタキを打つ雨の音がすさまじい。暗闇のなかでひとり聞いていると、父母がなにか怒っているような気がして心細くなった。山中のお墓に運んだことは嬉しくなかったのだろうか。晩年の母の歌には故郷大津を恋うる歌が多かったが。
いや、そんなはずはない。独りで待っていた父の傍に安置したのだから、二人とも喜んでいるはずだ。不吉不安なことが頭のなかをぐるぐる廻る。
――とうとう嵐となった。無花果の木が大きく揺れて、風音が鳴る。雨漏りはしないだろうか、屋根の瓦は飛ばないだろうか。
こんな嵐の夜も、母はひとりで耐えてきたのだ。

眠れないまま起きだして、母の残した雑記帳をぱらぱら読む。こんな歌があった。
風邪ひくよと呼ぶはやさしき母の声いつか聞こえた秋の夕暮れ
祖母が母に呼びかけた声を思い出して作ったと思われる。
雨が降って冷え込んだ。ふたたび布団にもぐりこむ。仰向けに寝て天井の節穴を数えているうち眠った。
朝になると、雨はあがっていた。静かだ。物音、鳥の声もない。晩秋の朝だ。
天気予報によれば、今夜から前線が移動して北日本は大荒れになるとある。早めに東京へ帰ることにする。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 

嵐の夜_c0048132_14273710.jpg
裏の小川のほとりに咲く彼岸花
嵐の夜_c0048132_14286100.jpg
敦賀を出る頃になって青空となった
by yamato-y | 2010-10-04 10:21 | Comments(0)
<< 視覚記憶 わが谷は緑なりき―風の谷 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧