人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

わが谷は緑なりき―風の谷

わが谷は緑なりき―風の谷
わが谷は緑なりき―風の谷_c0048132_1642627.jpg
九谷、向かって右の山を越えれば越前。永平寺は程遠くない。

朝8時半に家を出て羽田に向かった。加賀の山中温泉に墓参するためだ。父の古里であり、父はその地で眠っている。昨年末に死去した母の遺骨は、10ヶ月、わが家に留め置かれてあった。その母の遺骨を、父の墓に合祀するために私は本日出かけた。

山中温泉町には、遠い縁戚もいる。同じ苗字の先祖伝来の墓の域内に、私の家墓もひっそりとある。15年余り前に父が葬られた墓に、本日母も入れることができた。半年以上、宿題をかかえているような気分であったから、責任を果たしたということで、ほっとした気分になったことも事実だが、一方これで母と「縁が切れる」という空しい思いも半ばする。

 山中町には医王寺という大きな寺院の墓地がある。白山神社と隣接している。そのちょうど境目にわが家の墓がある。大きな道路から少し入った斜面に3基並んでいた。本家の墓が2つ、その端にわが家の小さな墓がある。この墓の胴座をねじって開けて、そこへ母の新しい遺骨を納めた。父の骨壷のそば。母の短歌集も重ねて置いた。さよなら。

遠い従兄弟のユキオさんも立ち会ってくれた。私より4つ年長で、現在リタイア暮らし。暇だからいっしょに行きますということで、医王寺の墓地まで来てくれたのだ。
帰りの車のなかで、私らの先祖はどこから来たのかということで、話が盛り上がった。ユキオさんが言うには、山中温泉よりさらに山奥の九谷だという。文字通り、9つの険しい谷がある集落だとか。大半はダム湖になっているが、祖先の村はまだ水没していないということで、そこまで案内してくれた。タクシーで30分はかかる山奥。冬になれば豪雪に閉ざされるという九谷。深い山奥にひっそりダム湖が眠っていた。
大内(おおうち)村、風谷(かぜたに)村、栢野(かやの)村、枯渕(かれぶち)村、九谷(くたに)村、小杉(こすぎ)村、坂下(さかのしも)村、下谷(しもたに)村、生水(しょうず)村、菅谷(すがたに)村、片谷(へきだに)村、真砂(まなご)村、我谷(わがたに)村の13か村があったという。わが祖先がいたのがどれかはっきり聞き出せなかったが、風谷という名前が心に残った。

私のルーツが風の谷にあると想像するだけでうれしい。わが祖先は風のように流れ流れて生きた。山中に出、京都に出、武生に出、敦賀に出た。子孫である私は、金沢にながれ、東京に出、大阪に流れ、奈良に流れ、神戸に流れ、長崎にたどり着いた。再び東京に流れ広島に流れ、大磯に流れ着いた。
どうだ。風の民にふさわしい経歴だろう。と、祖先たちに誇りたい気がした。

夕やみ迫る山中温泉の谷あいを、バスに揺られて、私は帰った。北陸線の暗い車窓に顔を映しながら、71で死んだ父を思い、83で死んだ母を偲んだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-10-03 21:43 | Comments(0)
<< 嵐の夜 あつよしの川 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧