人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

思わぬ反響

思わぬ反響

あの番組を終えて、息をつめて事態を見守っていた。反響が怖かった。特に内部の人たちはどんな思いか不安だった。
本日、4名の生の声を聞いた。私の先輩にあたるNさんは番組の深度を褒めてくれた。あの登場する人たちはみな大人だ。これを見て感動するのも大人だろうという。そこはかとなく、自分のそんざいを伝えて行こうとする気性は、もはや60代以上だということか。

鍼に行った。本日は大先生は出張で、代理先生だった。その人は、私のこれまでのドキュメンタリーをよく見て暮れている人だが、事前の連絡をしていない。だが、本日、診察室で会うなり、「昨夜の番組見ましたよ」「予告を見たときから、きっとこれはYさんが作っていると思っていたら、やはり最後に名前が出て、私の勘は正しかった」と褒めてくれる。嬉しい。素直にその評価を喜ぶ。

でも、驚いたのは、日本の演劇界の大御所が、この番組に感動して涙したということを聞いたことだ。
芸を伝えるということの厳しさを日頃から痛感しているなかで、この番組に出会って感動したという評価を与えてくれたそうだ。

こんなふうに、内外のいろいろなところから反響が来る。私たちのメッセージが曲がって受け止められることがなかったことに喜ぶ。
清元榮三さんのポルトレが、実に江戸っ子で爽やかであったと聞くと、この数日、骨身を削ったことが報いられる。

ネットの反響もおおむねいい。なんと有り難いことか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-09-29 22:14 | Comments(1)
Commented by saba at 2010-09-30 11:44 x
はじめまして。この度は素晴らしい番組をありがとうございました。この演奏会の開催が決定してから当日までの緊張感はある意味心地よいものでした。
放送を見た友人(清元と長唄の違いも認識していない一般人)は、放送終了後、興奮冷めやらず延々と感動の言葉をメールで送ってくれました。「絶対CD買うぞ!」と。とても嬉しく思いました。日本の、世界に誇れる伝統芸能の素晴らしさを、今の人たちに少しでも伝わって欲しいと切望しています。
半年にわたり、いろいろお気を使われたことと存じます。本当にありがとうございました。
これからも素晴らしい企画、放送をお願いいたします。
<< 雨の日であっても そして、翌日となり >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧