人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

2つの恋愛小説

2つの恋愛小説

なにげなく2冊、若い女性作家の恋愛小説を読んだ。
『ストーリー・セラー』有川浩
『49日のレシピ』伊吹有喜

読みやすい。最近の若者言葉の表現が秀逸なので、その会話体を楽しめた。読後は悪くない。「49日」は半ばですこし話がだれるが、まあテレビドラマのような作品と思って読み通した。
感心したのは有川の作品。筋の運びやキャラクター作りもうまいが、構成が実に巧み。さらに、言葉づかいが多彩でかつ今風でもあって、その才能に驚いた。前から東浩紀らが評価していたことを思い出した。
東と有川の共通点はSFではないかと推測する。それとネットで検索したら、彼女は歌人であり俳人でもあるとか。道理で、言葉が「猥雑」だ。

たしかにライトノベルと呼びたいほど、軽さがあるが、これは何も人生に対して軽いということではない。神谷美恵子の説く「こころの旅」を生きている若者の、今の姿だと思った。

それにしても、今の若い男の内面がこれほどナイーブだということが、私にはどうも実感できない。電車で脚を投げ出して、ケータイしか見ていない男、ネクタイをして営業しているような男の尊大さ、からほど遠く、ここに描かれている若い男は、女性から見た理想像ではないかと言いたくなるのだが。

 今回の清元の編集の間、ほぼ毎日居酒屋へ通った。升酒とイカの刺身だけという滞在30分の晩酌。そこで見たのは、女同士の客や中年男の不倫カップルだった。たまに若い男たちのグループもいたが、声が大きく騒がしいだけだった。そこからかいま見る今の男女だが、それほど繊細には見えない。

 でも、『ストーリー・セラー』に出て来るような男女が、現代に生まれているとすると、世の中はかなり変わっていくだろうし、面白そうなのだが。とにかく、私のような男と違って、家事、炊事が出来る男というのは不思議で仕方がない。
そういえば、うちの豚児も料理をするのが好きだといっていたか。

 昭和40年代の「映倫」に関するドキュメントを手に入れた。ピンク映画の審査の裏側が知れる。猥褻とは何かということもさりながら、当時の男女の心のありばえにも迫っていて面白い。今の男女とは違う、野卑な性愛がそこにはある。現代のそれと比較したいという欲望がわいてくる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-09-28 11:11 | Comments(1)
Commented at 2010-09-28 14:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< そして、翌日となり 番組の案内 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧