人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

陋劣なこと

その気持ちは分かる

ある研究者から聞いた。
Aさんは、長くこつこつと研究してきたテーマをある機会に発表することになった。その主題には他にも賛同するものがいるということを示すために、共同の提案者をたてた。その人Bさんに内容の理解を得ておくために、研究してきた事柄や資料を送った。発表は無事行われた。

しばらく経って、その主題と酷似した研究が国の助成を受けていることを偶然知った。国に申請したのはBさんである。50字ほどの要点を書いた文章には、Aさんがあたためてきたコンセプトが少しだけ形を変えて記されてあった。Aさんの悲しみと怒りは推測してあまりある。
ひどいものだ。学者の良心なんてことはまったくBにはないらしい。
他の研究主題をパクるということは、自分のメリットにするばかりでなく、元の研究者の可能性も奪うことになるのだ。

このブログを見ている人から時々言われる。業界の人も読んでいるから、あまりネタについて書かないほうがいいのではと。ご親切なことに感謝するが、私は気にしていない。正直にいえば、ここで書くということは、ある程度知られていたり、私自身の取材が進んでいるときに書いたりしているから。

テレビの世界では、パクリというのは珍しいことではあるまい。ヒットしたネタであればすぐに「柳の下の2匹目のどじょう」を狙う輩が出てくるのだ。逆にいえば、パクられるほどのネタを作り上げろということもある。

Aさんよ、気を落とすな。むしろ、その研究を早く進めて、早めに発表してみたら。この主題は私が先行してきた研究ですということを、書籍にして満天下に示せばいいのだ。
喧嘩して泣いて帰ってきた子に、もう一回行ってやりかえしてこいと、檄を飛ばしたい気分だ。

そういえば、去年、私もよく似た気分を味わったな。少年サンデー、少年マガジンのドキュメントを作っているときだ。放送の直前に同名の新書が出たのだ。まさか、内側から出るとは思わなかったから、怒り心頭に達した。番組で取材したことを、まるで自分が調べたように記してあったらしい。それを読んだ知人が教えてくれた。

番組には傷がつかなかったから良かったが、この出来事は忘れていない。もうしばらくしたら、この少年週刊誌の誕生の経緯をどんなふうにして調査して、情報を手に入れたかの顛末を書いてみようと思っている。そのための、小学館、講談社のOBのみなさんへの追加取材は終えている。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-09-27 12:51 | Comments(0)
<< 番組の案内 禁、輾転反側 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧