定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
こずえさん サリドマイド..
by まつおか at 18:00
突然すみません 子ども..
by タイトルがわからない曲を探してます at 15:38
コメントありがとうござい..
by yamato-y at 17:26
こんにちは。 ご無沙汰..
by なを at 10:45
まさか、前野博さんと知り..
by 稲川ファン at 03:44
ご用件分かりました。オー..
by yamato-y at 18:25
東京柳原病院在籍時、「モ..
by 有田和生 at 20:19
コメント失礼いたします。..
by MG at 18:14
私も、もう一度このドラマ..
by kaze at 20:30
こんにちは。 私も『..
by desire_san at 08:53

映像や漫画など

いろいろな映像や漫画を参照しながら

戦争の記憶という主題で、この1週間講義したり考えたりしていくなかで、ずいぶんたくさんのテレビドキュメンタリーや映画、書籍、漫画を見たり読んだりした。
授業で使用した映像は、「農民兵士の声が聞こえる」「忘れられた女たち・中国残留夫人」「耳鳴り」「ヒロシマに一番電車が走った」「夕凪の町・桜の国」「調査報告・地球核汚染」。「ベトナム戦争サワダ」は別の場所であったが学生たち共に見た。
そして、この3日間に、家にこもって見たのは、日本映画「雲ながるる果てに」(家城巳代治)、「戦ふ兵隊」(亀井文夫)「ジョナス・メカス、リトアニアへの旅」「マイセン幻影」。
そして、漫画「この世界の片隅に」(こうの史代)の上中下巻だった。
あ、そうだ。何気なく手にとった古井由吉の「白暗淵(しろわだ)」も読んでみると、あの戦争の記憶がモチーフとなった作品であった。

「雲ながるる果てに」を見て気づいたのだが、ラストシークェンスの特攻機が沖縄に飛び立つ日に駆けつけるパイロットの両親と恋人の話。最後の対面もなく、機影が南の空に去っていくシーンは、「紫電改のタカ」のラストとそっくりだということ。特攻の物語化のパターンを垣間見た。さらに、飛び立つ前夜に、兵隊たちが大騒ぎする場面。ある兵隊が鴨居にとびついてぶら下がるのだが、この宴会芸はある伝説的カメラマンの酔ったときの習性だということを思い出した。若死にしたそのカメラマンは、きっとこの映画を見て、その座興を覚えたのだろう。彼こそ、名作「耳鳴り」を撮影したフィルムカメラマンだ。

ジョナス・メカスの作品は、前に一度ざっと見たことがあるが、今回ムサビのアーカイブスにあるのを知って、じっくり見てみることにした。とにかく性能の低いカメラをぶんぶん振り回しながら「帰郷」を撮っていて、とても商品に耐えうるものとは思えないのだが、おまけに編集も直感的につないでいて、かなり独断的なモンタージュなのだが、見ていると不思議なノスタルジーが湧いてくる。なにより、作者の声が終始流れるのがいい。作者の心情が言霊と痙攣的な映像の交錯から浮かび上がってくるのだ。私らのようなテレビドキュメンタリーの人間にはけっして許されない、超絶的な技法だ。

げっぷが出るほど映像や画像を見たが、もっとも心に残ったのは、こうの史代の漫画「この世界の片隅に」だった。メカス同様分かりにくい漫画だ。一読では掴めないものが多くある。だが、読み終えたあとの深い感動は否定できない。戦前の広島で生まれた主人公すずが嫁いで呉に行き、そこで空襲を体験し、数ヵ月後に広島の原爆を遠望することになるという物語だが、私の心を捉えたのは、次の場面の齣だった。
c0048132_14413650.jpg
c0048132_14414996.jpg

新妻であるすずの所へ、幼馴染の水兵の水原が訪ねて来て、ふたりだけになったときに起こした水原の行動。志願兵として死ぬことを覚悟した水原がとった態度。幼馴染の人妻への超接近。いとおしげにすずの顔を撫で回す。だが拒否され、水原はすずの夫を愛しているということを聞かされて諦める。その理由が、「夫を好きだなんて普通じゃのお」という言葉で諦めるのだ。世間が普通でないことばかり求めるなかで、普通の態度をとるすずに水原は感動をもする。と同時に、拒まれたやるせなさもそこはかとなく漂わせもする。屈折した水原の思い。ふとどきで怪しからぬという倫理にはおさまらないものが画面のなかから溢れて来るのだ。
漫画がかくも深い表現をなしうるということを私は改めて知った。この漫画についてはもっと研究する余地がある。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2010-09-20 14:34 | Comments(0)
<< 山場にさしかかり 穏やかな日差しが >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧