人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

麗しき七曜が来る

麗しき七曜が来る_c0048132_1232357.jpg
 実生(みしょう)の木

 わが庭の、桃やもくれんは苗木を五年ほど前に買ってきて植えたが、なかなか大きくならない。
ところが1本だけ成長してシンボルツリーになったのは、名前の分からない雑木だ。
山が近いので、山から飛んできた種がそのまま自生したと思われる。
隣家の主人によると、山の木は生命力が旺盛ですぐ根がつく、そればかりか他の木や花の養分を吸い取ると、言う。
そうかもしれない。その木のまわりの植生は元気がない。
麗しき七曜が来る_c0048132_124848.jpg


実生という言葉を知ったとき奇異に思えた。
実生――種から生長すること。あたりまえのことではないか。
だが、庭木というのはたいてい苗木から育てるもので、種からというのはないらしい。
両者を区別する意味で、実生という「概念」ができたのだろう。と、私は納得した。

山はいざ知らず、庭木に実生はほとんどない。だから、うまく育ち始めるとひときわ
大きなエネルギーを発散するのだろう。養分も並以上に必要なのであろう。
我が家の木は種類がまだわからない。落葉樹で秋には庭いっぱいの葉を落とす。
先月の末まで裸だったが、桜の頃から芽を吹き、四月半ばの今日は若葉となり
葉裏を薫風にそよがせている。

 粗野で品がないが、伸びゆくものの勢いというかがむしゃらな潔さを、その実生の
木から私は感じる。
麗しき七曜が来る_c0048132_123464.jpg


よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-04-17 12:04 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 夢の道 花の終わり >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧