人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

穏やかな日差しが

集中講義を終えて

昨夜、戻って、編集の最終チェックに立ち会った。古典芸能の独特の言葉遣いなども、関係者に見てもらって、丁寧に89分の番組は仕上げられた。ディレクターはよくやった。東京と京都を往復しながら、なんとか編集を乗り切ることが出来た。
この週末には敦賀へ戻って、久しぶりに実家の空気の入れ替えでもしたいと願っていたのだが、やはり本番放送を控えた番組の編集作業を優先することにしたのだ。

朝6時。ベランダに秋の陽が差し込んでいる。穏やかで静かで、鳩の羽ばたきすら聞こえてくる。
メールをチェックすると、訃報がいくつかあった。直接知っている人たちではないが、業界関係者だ。年齢は60前後ばかり。同世代が駆け足で去っていくのだ。こんな長命の時代なのに、早い人は早い。だが、休日の朝に鳥の囀りを聞いてぼんやり来し方を思ってみると、人生の終わりなんて自分で決められるわけでなしと、呟いてもみたくなる。

 学生たちと混じって映像のことを話し合うということは、どれほど元気をもらえるものか。京都からの帰りの新幹線のなかで、彼らが書いたリポート「この講義を聴いて」を読みながら、高まるものを抑えることができなかった。

 今回の授業のテーマは、映像は戦争、原爆をどう描いてきたかである。7本のドキュメンタリーをまるごと視聴し、5本ほどを部分見して、映像のもつ特性、限界などを考えた。
「農民兵士の声が聞こえる」という80年代の番組を見て、こんな感想をある女子学生はもった。
《その番組の構成、描写、BGMにも注目してみました。その番組で何が伝わるか、何が伝わらないかをぼんやりではありますが感じることが出来たような気がします。農民兵士のドキュメントでは女性の目線が一切省かれていたり、という風に。》

 ある男子学生は、戦争のドキュメントには原爆を扱ったものが圧倒的に多いことにこんな疑念をもらしている。
《全国各地で空襲の被害はあり、それらの被害はテレビでほとんど取り上げられないように思う。たしかに広島、長崎に比べれば被害は少ないかもしれないが、なぜそうした被害をとりあげようとしないのか。どうも広島・長崎が特権化されているのではないかと思う。》

映像表現で、ヤラセと演出のハザマについて考察する人もいた。
《映像は作る際に、必ず作者の意図やメッセージがあるはずだ。それを作るために工夫をこらすわけだが、時としてそれはヤラセになってしまうこともある。しかし、どこからがヤラセであって、非難されるべきであるかは、判断が非常に難しい。・・・この問題は、これからも番組製作につきまとうであろう。だが、作り手側はヤラセというレッテルを恐れてはいけないと思う。番組制作に意図が必ず介在する以上、ある程度は開き直るしかないのかもしれない》プロとしても傾聴したい言葉だ。

1970年代から現代までの40年間ほどに制作された番組群。そのなかで、若い学生たちを捉えたのは、72年放送のフィルムドキュメンタリー「耳鳴り」であった。広島の被爆歌人正田篠枝の余命1年と宣告された、最晩年の日常を記録した静かなヒューマンドキュメンタリーだ。30分のフィルム構成である。
《すごく激しいシーンやショッキングな映像があるわけでもない。にもかかわらず私にとってはすごく衝撃的なものであった。例えば、化粧のシーン。何歳になっても女性という生き物は「女」である。化粧のシーンによって、主人公の女性の「女」の部分を感じ、そしてそこから彼女の「生命力」つまり「生きたい」という気持ちを感じた。》被爆者のもつ人間性を通して、原爆のもつ「反人間性」を学生はしっかり把握した。

この人は最後にこんなことも書いてくれた。《私は戦争というものについてあまりにも知らないと思う。まずは自分の国が起こした戦争について知ろうと思う。》

この学生たちの親も、私と同じように戦争を知らない世代である。でも、戦争の記憶というバトンを受け継いでいこうとする意志を、学生たちは持っていた。
《親も戦争体験者でない私たち世代にあって、後の世代に、もっと具体的には将来の自分の子供に対して、どのように戦争・原爆について伝えていくか、考えていこうと思った。いいかげんな伝わり方を防ぐためにも、生の声を現時点でストックしておくべきだし、ひとつの価値観によりかからずいようと思った。》

こんな声がリポートのなかからいくつも見出すことができた。教える側としては最高の評価をいただいた気になった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-09-18 09:22 | Comments(0)
<< 映像や漫画など 京の俄か雨 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧