人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

京の俄か雨

京の俄か雨

昨日あたりから京都はいっぺんに涼しくなった。夜ともなれば半そででは子寒いほどだ。
断続的に激しい雨が降った。秋時雨というやつか。四条河原町で雨に遭遇したので、慌てて高島屋に飛び込んで雨宿り。

集中講義では、2本の戦争関連ドキュメントを視聴しながら、映像特性について考えた。「農民兵士の声が聞こえる」と「忘れられた女たち・中国残留夫人」の2本だ。前者は、フィルム作品で、岩手の和賀郡の小さな村から出征した男たちの軍事郵便から読み解いた戦争の顔。後者は長野の泰阜村から旧満州に開拓団として出向いた家族の物語で、敗戦のとき他の家族のために犠牲となって中国に残留せざるをえなかった女たちの事情と現状を描いた作品だ。70年代、80年代に制作されたそれぞれの作品を「読んで」、そこに何がどんなふうに描かれていて、何が描かれていなかったかを、学生諸君に考えてもらった。

大半が1990年代に生まれた学生たちには、あの戦争のことがどんなふうに捉えられているか、まったく関心を示さないかと懸念したが、いずれも熱心に見入っていた。ただ、軍事郵便や背嚢、行軍といった出来事には若干の説明が必要であったのではあるが。この2本の作品を私は10年前に見たことがあるのだが、今回21世紀になって見直してみると、隔世の感に堪えない。特にフィルム番組では、現在の格段に進んだ映像技術からみると、実に表現が粗く情緒的な作りになっている。たしかに、あの頃は1巻き20分しかないフィルムを節約しながら撮影し、編集時には手切りでフィルムをつないだものだった。今のような1フレームごとの細密な編集には限界があった時代である。しかし、若い学生たちはそういう技術面にこだわることなく、日中戦争で御国のためにがんばろうとする農民兵士の声や、敗走するときに兄妹のために犠牲になった女たちの姿にじっと見入っていた。
私のような終戦直後に生まれた者は、戦争を体験していなくても、親や戦後の貧しい時代を通して、戦時下の厳しい環境をすこしは追体験できたと思う。が、現代の豊かさのなかしか知らない若者には、まるで「歴史」を眺めるような、当事者性から遠く離れたまなざしになってしまうのだろうか。それを、講義の最後にリポートとして書いてもらうつもりだ。
本日は、映像はヒロシマ、ナガサキをどう描いてきたかを考察する。3本の作品を用意しているが、うち2本は私が作ったもの。それを告げずに、いかなる先入観もなしで見てもらって批評を聞き取ったあと、番組の細部の作られ方に言及するというスタイルをとることにしている。

昨日は5限の授業を終えたあと、数人の学生たちと教室に残ってあれこれ世間話をした。そのなかで、関西の学生らは関東に比べるとシュウカツに対する危機感が薄いと言いながら、大学4年間のうち半分も就職を考えて学生生活を送らざるをえないことに失望するといったことが印象に残った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-09-16 06:13 | Comments(0)
<< 穏やかな日差しが 秋は立つか >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧