人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

巷には

真剣師

 最近、書店に行くと実用書のコーナーをのぞくことにしている。以前はまったく脚を向けたことがなかったが、編集者の卵である娘からこのコーナーの面白さを聞かされてから少し興味がわいた。そこで、最近よく目にするのが麻雀師の桜井章一本だ。単なる麻雀指導でなく、人間観察が売りだというのだが、元々賭け事にあまり関心がないので、なかなか手にすることはない。
なんて話を後輩にしたら、「真剣師 小池重明」は将棋のことが分からなくてもめっぽう面白いですよと教えられた。
翌日、文庫本のそれを持って来てくれた。著者、団鬼六。なんと、「幻冬舎アウトロー文庫」に収録されている。アウトローと名乗る文庫とはと,のけぞる。

 団という作家はSMの際どい作家ということは知っているものの、これまで一度も読んだことがない。文芸誌のグラビアなどで見る団の風貌は着流しのいかにも流行作家のそれだ。
どうせ、扇情的な文章で劣情をそそるものさと決め込んで、ページを繰ってみたら、読書が止まらない。面白くて、つい昨夜遅くまで読んだ。うまい文章と巧みな構成は、さすが娯楽小説の人気作家だ。

 真剣師とは将棋のギャンブラーのことだ。名古屋生まれの伝説の真剣師小池重明の生涯を描いた作品。小池は44歳の若さで死んで伝説化しているが、よくよく読むと昭和22年12月誕生とあるから、私と同学年ではないか。だが、この人物と私が同じ時代を生きてきたとは思えないほどかけ離れた人生だ。正確ではないが、賭け将棋というのは非合法だと思う。すべからく物語は裏の世界を描いている。主人公の小池はその生き様が破滅的。人妻との駆け落ち3回、寸借詐欺を犯し、逃亡と放浪を繰り返す。それでいて、無類の将棋の強さ。その強さは生きていて伝説化していく。

この小説のネタ本に、当人が書いた「流浪記」があるとされているが、果たして実在するか分からない。筋も実際にあった出来事を追っているとしているが、どこまで事実かもはっきりしない。見方によれば、あまりに話しが出来すぎているから、団の虚構かとも思える。だが、娯楽作品としてはその詮索も意味ないだろう。面白いお話として受け取ればいいのだから。

 もし、この本に書かれたことが事実として、もし、主人公が亡くなった平成4年にこの話を知っていたら、私はこれをテレビドキュメンタリーにしただろうか。
いや、出来ただろうか。あまりに”危ない”話が多いのだ。でも、それがこの書の無類の魅力になっているのだか。これって、ピカレスク(悪漢小説)なんだろうか。

 しかし、世の中にはまだまだ知らないことや、すごい人物が潜んでいるものだ。文京の白山の裏通りで、「ギリシャ語教えます」という木札を見かけたことがあるが、それと同じような打撃を、この本から受けた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-09-08 10:29 | Comments(0)
<< アラ葬だって 夕焼け小焼けの >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧