人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

反省会

反省会

 昨日のニュースワイドショーの生本番を終えたあとの反省会でのことだ。私の隣でげたげた笑っている40代の女デスクは誰かに似ていると思った。しばし考えたら、花沢さんだと思い当たった。アニメ「サザエさん」に出てくるカツオの同級生花沢さんだ。おせっかいで元気がよくて、ときどき男子をやりこめる、あの花沢さんだ。実際、この3日ほど顔を付き合わせるなかで、がさつな物言いだが編集の指示の与え方が繊細だなあと感心していた。が、ガラッパチだ。足元を見ると、サンダルから出た足指にはペディキュアが施されている。へえ、女らしい面もあるんだと再び、妙に感心したものの、爪によってはげちょろけがある。やはり、この人は花沢さんだ。

 
 6時に番組が終わると、6時10分にはスタジオからすっかり人が消えた。生放送は、終わってしまえば撤収が早い。普段、私が携わっている収録番組であればこうはいかない。収録をすることはしたが、もう一度やり直したほうがいいのではないかとか、大事な要素が抜けていたから追加で収録しようかとか、あれこれ未練が残り、なかなか終わらないものだが、そこへいくと生のニュース番組はさっぱりしたもの。泣いても笑っても放送は出てしまったから、取り返しのつきようがない。終われば、「お疲れさま」の一言ですべて完了。私の普段担当する収録番組は農民のような心性をもっているとすれば、生のニュース番組は漁師のような気質と言えるだろう。

 スタジオから人は消えても、スタッフルームでは集まってその日の反省会が行われる。6時半からおよそ30分、各コーナーの担当ディレクター、リポーターらは反省の弁を述べた。昨日は、水戸と静岡のローカル局のリポーターが参加していた。東京の大きな番組に出演したということで緊張と反省をこもごも語った。それを受けて、プロデューサーやキャスターがひとつひとつ論評する。辛口の批評もないことはないが、おおむね次回にはさらに努力するよう励ましていた。大きな兄が幼い妹に諭すようだ。その光景は、まるで大家族の団らんのようで、少し胸が熱くなった。

 私のようなドキュメンタリーばかりやる人間はきわめて少人数のスタッフで作業をする。たこ壷に入って仕事をする。放送が終わっても、これといった論評があるわけでもなく、数日後に舞い込む視聴者からの数通の手紙ぐらいだ。せいぜい、月刊のテレビ批評誌に寸評が載るか載らないかだ。時々、ひとり虚空に向かってボールを投げているような気がしてくる。
そういう作業を10年以上続けてきたから、昨日のニュースワイドショーの体験は、私には新鮮だった。

 地方の放送局に在籍していた時代には、こういう体験もあったのだが、広島からもどって15年、すっかり忘れていた。
たしかにドキュメンタリーは個人作業で署名入りという矜持を与えるものだが、ニュースのワイド番組は団体作業で人と人との支え合いで成立している。ワイドショー番組という船に乗り込んだクルーは、個人的な好き嫌いは別として、とりあえず船を進行させるために、全員で協力する。セイラーマンシップだ。

 とはいえ、集約された作業はきつい。ワイドショー番組は短期決戦なのだ。20代30代ならともかく、定年再出発組にはいささか荷が重い。この反省会の後、私は道玄坂の編集室でおよそ100分のラッシュを試写する仕事が待っていた。試写中、疲れのあまり時折睡魔が襲う。終わって渋谷駅頭に立った時、時計の針はとっくにテッペンを回っていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2010-09-04 12:34 | Comments(0)
<< 内緒の海行き 9月3日 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧