人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

花の終わり

 咲く花に~安江さんの思い出~

 金沢に横安江町というところがある。私がいた頃は、アーケードになっていたが、江戸時代から続く古い商店街だ。真宗の盛んな土地柄、仏壇屋が軒を連ねていた。商店街をぬけた所に広壮な本願寺別院があるのだ。

その横安江町と関係があるかどうかは知らないが、安江さんの実家は仏壇の金箔加工を稼業としていた。そればかりか金箔技術、文化を集めた資料館も父上が作っておられた。「シリーズ授業」という番組で、安江さんと共にその資料館を撮影したことが、私にはある。
花の終わり_c0048132_1555066.jpg
安江さんは、ジャーナリズムの世界では少ない私の大学の大先輩だ。
 だが、安江さんと知り合うことになったのは、大江健三郎さんを通してだ。安江さんは、編集者として数々の名作をものしておられる。中でも、岩波新書『ヒロシマノート』は名高い。1963年の夏に開かれた原水爆禁止大会の模様をルポしてもらうため、安江さんは新進の作家大江健三郎を広島へ案内した。そこで、広島は大江さんの人生とジャストミートする。大江さんにとって広島との出会いは人生論的だけでなく、文学のうえでも重大な意味をもつことになる。この詳細はいずれ改めて書くことにしたい。

かねてから尊敬していた安江さんと数年間交わることができたが、残念なことに安江さんは1996年にクモ膜下出血で倒れ、その2年後63歳の若さで亡くなったのだ。
この安江さんが亡くなったとき3人が弔辞を読んだ。政治学者の坂本義和氏、大江健三郎氏、そして池明観氏だ。

池先生と安江さんの中も深い。これまた傑作の誉れが高い『韓国からの通信』の筆者T・K生は池先生のことであり、編集者は安江さんだった。二人は韓国の民主化のため、文字通り命をかけて闘ったのだ。

 日韓関係の長い歴史の中でも、これまでの40年は激動であった。幾多の困難が現れ、日本と韓国の間に危機と緊張がたびたびあった。そういうとき、安江さんは冷静に分析して未来に希望をつないできた。面白いことに、本人の口調は悲観的なのだが言っている内容はそうではなかった。

 安江さんは、文学は分からないがと言いながら、折に触れて句を作っていた。亡くなられたとき、私は追悼の短い映像を編集した。其の映像の巻末に、いかにも安江さんらしい「俳句」をインサートした。

 咲く花に 姿正せと 小雪舞う
蛇足だが、北国金沢では桜咲く季節に時ならぬ雪が降ることがあるのだ。

花の終わり_c0048132_1453697.jpg

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-04-16 14:46 | 登羊亭日乗 | Comments(4)
Commented by GAKU at 2005-04-19 23:38 x
yamato-yさん、初めまして。TBありがとうございます。
池明観氏の『韓国からの通信』は、金大中事件でKCIAという言葉とともに、初めて隣国・韓国に興味を持つようになった僕にとっては、忘れがたい本です。この本がどのようにしてできたかを語った池明観氏の論文を読み、あらためてジャーナリストの仕事とはどういうものかを知ったような気持ちになりました。
Commented at 2005-04-20 11:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by よろづ屋TOM at 2005-05-05 13:19 x
はじめまして。その節は『大統領の理髪師』へのトラックバックを頂いたにもかかわらず、ノーチェックで大変失礼いたしました。
今回、映画は映画の記事へ、拙作の文句系ブログの記事の方をこちらへとトラックバックさせていただきました。偏狭にして稚拙な文章ではありますが、何かの折りに一読いただければ幸いです。
末筆になりましたが、このブログのような写真や文章に様々な感銘を頂けるブログを発見できたことを嬉しく存じます。これからも宜しくお願いいたします。
Commented at 2005-05-06 00:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 麗しき七曜が来る ミニョンさんが来た >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧