人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

神楽坂

神楽坂

神楽坂の坂上。炭火亭で、講談社のIさんと焼肉を食べながら、あれこれ歓談した。
Iさんは青年漫画誌の副編集長。私より10歳下の51歳。もっとも脂の乗った時期を迎えている。ちばてつやさんの深い信頼を得ている人だ。

フランスやイタリアでは20年も前から日本の漫画に親しみをもっていた。ドイツやイギリスなど北方ヨーロッパでは、長く日本漫画をイエローカルチャーと呼んで馬鹿にしていましたねと、Iさんは語る。その偏見が溶けたと思われる画期的な作品が、ポケモンだった。この漫画が世界へ浸透していったときの勢いはすごかったと回想する。それまで、本の見本市などでは講談社の漫画のブースに顔も見せなかった北欧のバイヤーが続々と訪れるようになったそうだ。

ヨーロッパにも昔から漫画にあたる言葉があって、子供向けの絵物語としてそういうジャンルはあることはあった。だが、誌面が上下に分割されて、上段は絵、下段は文章というスタイルはまったく動きのない、流れもない、死んだ(STILL)絵物語でしかなかった。日本の漫画のような流れやスピード感はまったくない。吹き出しもないし、動線もなかった。

イタリアでは、早くから日本の漫画が翻訳もないままオリジナルで売られていた。日本の漫画は言葉が分からなくても、表現が丁寧だから、理解しやすいとイタリアの子弟は歓迎していた。「キャンディ・キャンディ」などは自国の作品と考えられたほどだ。これは日本の漫画だというと、不思議そうな顔をした。登場人物の名前からして西欧風で、髪も金髪で瞳もブルーなのにどうして日本なのか、と。フランスでは、「キャップテン翼」が少年の心を掴んでいた。

日本漫画の大きな特徴は、線の表現だとIさんは語る。色彩や面で表すハイカルチャーの絵画と違って、日本画の伝統のような微妙な線が他の国の追随を許さない。
これまでで、その線表現で凄いと思った漫画家は誰ですかと聞いてみた。「江口寿史」と即答。「彼は大変なものでしたよ。一本の線で、女の子のうなじの肌の具合まですべて描ききるのですよ。」私には意外な名前だった。慌ててメモをした。

Iさんは競馬漫画に力を入れている。中身は人情物語なのだが、当初、スポーツ漫画の一種と見られて低調だったのだが、売り込み方を変えてから人気があがってきたそうだ。この物語の映像化を、現在Iさんは構想している。
10時過ぎ、まだ暑さがぬけない神楽坂を二人でぶらぶら下った。この町には若者といっても20代以上のヤングアダルトばかりで、渋谷のような喧騒でない風情が実にいい。坂道の早稲田通りは道幅が狭く、その上両側の街路樹が亭々と聳えており、風が通り抜けて気持ちがいい。週末ということもあったのだろうか、人通りは絶えない。坂下の東京メトロが走っている飯田橋まで降りた。そこから南北線で、Iさんは本駒込、私は目黒へ帰った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-08-28 09:19 | Comments(0)
<< 偶有性の渦 ジョーズのなかの広島/長崎 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧