人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

沖に白波が立つ日となりて

沖に白波が立つ日となりて

今年初めて海に入った。夕刻だ。土用の日を越えて、さすがに波は荒くなっていた。
沖に白波が立っている。4時を過ぎて、浜辺には人影がめっきり減っていた。
今日しか、泳ぐ機会はないと勇んでこゆるぎの浜にきた。年初にばっさり開腹手術をしたから、まさか今年中に泳ぐことが可能とは、春先には思いもしなかった。が、夏になって、食欲も増し、体調もよくなってきたので、泳ぎたいという気持ちはあった。

だが、家人に言えばきっと止められるに決まっている。還暦を過ぎて、おまけに手術までやって、いつまで若いつもりかと小言を食らうに決まっている。だから、ずっと水泳計画は腹のなかに収めておいた。
先週の休日は、美大の学生たちが来ていたので機会を失った。おそらく、今週を逃せば、今年は泳ぐことはあるまいと思われたので、決行することにした。

海水パンツを探したが、いつもの戸棚の引き出しから消えていた。家人が処分したのだろう。
駅前のコンビニで購入することにした。これまでブリーフ式だったが、今はやりのショーツにした。ハワイ柄の派手なやつだが、まあ今年はこれきりだからいいだろう。2900円のコバルトブルーのショーツに駅のトイレで穿き替えて、海まで行った。

用心深く、遊泳監視の塔の前に荷物を置き、その前で海に入る。水はぬるい。肩までつかると沐浴の気分となり、あらためて泳ぐことが出来たことをなにものかに感謝する。
大磯は名前どおり波の荒い浜だから、あまり沖には出ず、浜と平行して平泳ぎで20メートルほど行く。試しにクロールに変えると、すぐに息が切れた。

波に揺られながら、還暦のわが身を振り返る。まもなく、本当の定年が来る。この数年は、仕事にあってもあまり感情的にならないように勤めてきた。人間が穏やかになったと周りからも言われるようになり、昔のような攻撃性は引っ込めた。企画の提案にしても、現役時代のような唯我独尊でなく、後輩であれ担当する者の意見を出来るだけ取り入れるように勤めてきた。

だが、我慢することはないのじゃないかと、ふと思った。嫌なものは嫌だ。番組のことも分からない輩や基本的な知識も持ち合わせていないものに媚びてまですることはない。作り手にしても、安易な選抜はやめよう。教養や素養をもたないものに合わせてレベルを落とすのは止めよう。今、取り組んでいるベトナムのディレクターなどは本気で喧嘩が出来る実力をもっている。もう、人材の育成などのようなことに、いつまでも関わっているほど、私には時間が残っているわけではない。あと何年出来るかもしれない海水浴より、もっと番組を作る時間は短いのだ。

2度海に入り、3度甲羅干しをして、今年の海水浴を終える。ちょうど5時。夕焼チャイムが鳴っていた。
最後に大波に体を預けて、潜水行をする。砕ける寸前の大波に乗った。からだが岸に引っ張られるようにして、体を水中に潜らす。8秒ほど潜り、終わりのほうで目を開けると無数の水泡が水面で割れているのが見えた。そこに向かって父母の名前を呼んだら、なにか手ごたえを感じた。気のせいだろうか・・・。
初盆の母のことを少し気にしたのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-08-22 22:19 | Comments(0)
<< いよいよ大本番 夏の終わりのかほり① >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧