人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

上方落語を聴きながら

上方落語を聴きながら

昨夜、半蔵門にある国立演芸場で、桂文我師匠の噺を聞きに行った。極彩色高座賑(こうざのにぎわい)という会の第2夜で、ゲストは加賀美幸子さん。実は、加賀美さんからのお誘いで聞きに行ったのだが、これが滅法よかった。

文我はあの名人枝雀の弟子。桂米朝の孫弟子になる。今年50歳。いちばん油ののった時期を迎えている。演目は「ぼうふり虫」と「算段の平兵衛」の2つ。「ぼうふり虫」は先年米朝のために書かれた新作落語だが、長い間埋もれていたのを、今回文我が発掘して演じたもの。なかなか勉強熱心と見受けた。「算段の平兵衛」は上方の十八番のひとつで、踊りや動きをいれた派手な演目。比べて、「ぼうふり」は藪蚊を表すという、落ちぶれた遊び人の切ない話。私は、「ぼうふり」に引かれた。みじめな境涯に落ちた友を憐れみながら、いつしかおのが身の上にも子寒いものが吹いてくるような味わい。

さて、中ほどで、加賀美さんが朗読を45分聴かせる。これが凄い。出だしの一声で会場の空気ががらりと変わるのが分かった。テキストは辰濃和男のエッセー「ぼんやりの時間」。
「ぼんやり」という貴い時間を説いた滋味溢れる文章を、加賀美さんが深々と朗読する。「いそがなくてもいいんだよ」と人生の機微を繊細に描いた文章が、語りによって、聞き手の前に表象(representation)されるのだ。言葉が「画」となって表れてくるのだ。まさに芸だと感じた。
このテキストに「源氏物語」と「良寛」が加えられて、加賀美さんのパフォーマンスは構成されていた。難をいえば、「良寛」が余分だった。あまりの御馳走尽くめで、最後のデザートまで味わえない。やや少なめのほうが、余韻は深くなるのではないかと思った。

そして、文我と加賀美幸子の芸談あれこれは、2人のトーク。これがよかった。私は文我さんのことを知らなかったが、穏やかなユーモアがそこはかとなくあり、加賀美さんのトークとよく絡んだ。朗読のときと違って、トークでは加賀美さんの素の「せっかち」な部分が垣間見えて、その落差を堪能した。

久しぶりに、大人の時間を得て、大満足。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

上方落語を聴きながら_c0048132_1331485.jpg

by yamato-y | 2010-08-20 16:53 | Comments(0)
<< リミックス版 霊の話 長崎の夢ば、見た >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧