人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

長崎の夢ば、見た

長崎の夢ば、見た

間違いでなか。夢を見たでなく、夢ば見た。

久しぶりに長崎の夢を見たのだ。どこと言って長崎の町が見えたわけではない。長崎の徴があったわけではないが、明らかに長崎だった。
私がいた頃の、今から24年前の暗い長崎だった。
当時は思わなかったが、今考えてみるとまだ長崎の夜は暗かった。浜口にしろ、銅座にしろ、ちょっと路地に入れば暗闇がいっぱいあった。その暗がりで毎晩うごめいていた。そんな時間のことを夢で見たのだ。

長崎の夏の夜は暑かった。夜の10時を過ぎても、昼の暑さはいつまでも残った。暑くて暗い闇があった。路面電車は疾うに終わり、空(から)のタクシーの赤いランプだけがちらちらする、暗い長崎の夜。銅座から駅前の大通りを抜けて浜口まで、タクシーで疾走する。浦上の入り口にある大きなお寺の側を通ると、防空壕のあとの暗い穴がぽっかり口を開けていた。

石畳の感触だけが残っている。眼鏡橋の橋の上や電車道の縁石などのゴトゴトとした脚触りとでもいうか、膝の記憶というか、そういう感覚がまだある。稲佐山や金比羅山の急な坂道を車で登ったり降りたりした。

出張で長崎を離れると、すぐ長崎の夜が恋しくなった。町全体は暗いが、その繁華街の赤い灯青い灯が懐かしかった。博多へ行ってもすぐに長崎へ帰りたくなった。

私の夏の長崎は、くんちでもなければ精霊流しでもない。暗く暑い長崎の闇だけが恋しい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-08-19 09:41 | Comments(0)
<< 上方落語を聴きながら BL映画撮影快調 か? >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧