人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

落ち蝉

落ち蝉_c0048132_1219988.jpg
旺盛な生命の終わりが近づき

 8月とは旺盛な生命が息づく時期。だが、この国では戦争に思いを馳せ死者を思う月でもある。エリオットの言い方を真似れば、8月は残酷な月。
 アッツ島玉砕のスペシャル番組を見た。戦史にはアッツ島という語はよく出て来るのだが、実際の現地は写真でしか見たことがない。この番組の冒頭にその島の現在が出て来る。今回、取材班がアラスカ、アンカレジからプロペラ機で飛んで、現地に入ったのだ。このことだけでもすごい価値ではあるが、むろん玉砕の真実を追求していく点が番組の髄なのだろう。本編は玉砕までの過程と遂行の悲劇を証言中心で描いていた。正直言って、その面はインタビューが中心でいささかスタティックに思えた。それにしても生き延びた兵士の証言は重い。

 軍上層部の無責任な対応にはいつもながら腹立たしく思う。インパールのときのムタグチを思い出してしまう。

 ――玉砕、命を玉として砕け散らしていくこと。
河原枇杷男という知らない俳人にこんな句を見つけた。

野菊まで行くに四五人斃れけり

 戦争をうたった句であるかどうか分からないが、私には戦場句に思えた。荒涼とした北の丘の頂に咲く野菊。風にかすかに揺れている。突撃をした兵士たちは,そこまでたどり着くこともできないまま斃れてしまった・・・。
むろん玉砕は万死である。四五人ではすまない。この句の情景は野菊をめぐる四五人だが、その周囲には、その戦場には累々たる兵士の斃死。

 夕方、目黒川沿いの目黒図書館へ本を返しに行った。途中、土手の桜並木で蝉を見つけた。羽根が片方切れた瀕死の蝉だった。根っこに近い幹にしがみついていた。まだ命が残っていて、右の前足で必死に前方を掴もうとしていた。震える足がせつない。
 夕暮れて、区民プールも人影が減っていた。子供らの歓声も消えていた。
 夏の終わりが始まっていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-08-15 12:05 | Comments(0)
<< 山にこもって 映画三昧 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧