人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

後味の良さ

後味の良さ

143回直木賞受賞作『小さいおうち』(中島京子著・文藝春秋)を読んだ。同僚のデスクにあったのを手にとったので期待もしないで読んだのだが、面白かった。なにより読後感が良かった。最後の2ページから受ける爽やかさは得もいわれない。その場面の舞台が金沢郊外の海辺の町ということも、私の思いいれを引き込むのかもしれないが。
それにしても、主人公の誇り高き女中タキさん、甥の健史、奉公先の奥様平井時子、その息子恭一ら登場する人物の魅力的なこと。戦前から戦時中の、東京山の手の中産階級のノーテンキにして誠実な人生が垣間見えてよかった。
山本夏彦がよく語っていた、戦前が暗いというのは妄想だという言葉の裏づけのような小説だ。というか、アメリカとの戦争が始る昭和16年ぐらいまでは、少なくとも東京ではまだのどかさがあったという論をよく実現していた。吉村昭、小林信彦や向田邦子らの世界と共通するものがある。

女中という名称はPC(ポリティカル・コレクトネス 政治的な正しさ)のおかげで、いまや使ってはいけない言葉となった。だから、昔見た映画「女中っ子」をもういちど見たいと思ってもなかなか叶わない。左幸子の田舎娘の純情さに心うたれたから、もう一度みたいのだが、どこにもかかっていない。
この小説の主人公タキは、女中ということに誇りをもつ賢明な少女だ。時代が17年進行するなかで少女から若い女性にタキは変貌していくが、彼女の独白の文体から、私のなかではタキはずっと少女のままである。

この物語になにより感心するのは、昭和初年のひとつの流れ、新しい女のことを大胆に性愛まで含めて見つめていることだ。端的にいえば、女性の同性愛のことをあっけらかんと描いている。以前から、私も吉屋信子、湯浅芳子、中条百合子そして林芙美子のことが気になっていたが、この書を読んで、この現象はかなり時代が作り出したものではないかと思った。そういえば宝塚やSKDなどの少女ミュージカルの風潮もそれに連動しているのかな。

作者の中島京子という人は1964年生まれというから凄い才能が現れたものだ。宮部みゆきが登場したときと似た匂いがする。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-08-11 15:15 | Comments(0)
<< 社食 ビィの副級長 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧