人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ビィの副級長

ビィの副級長_c0048132_0235540.jpg
ビィの副級長

中学校の同窓会の2次会。カラオケハウスに行ったとき、座席が男女でくっきり分かれた。今の時代、男だ女だと区別することがなくなっているのに、未だそういう現象が起こるのはふるさとの町が旧弊なのか、団塊の世代自身が古い意識を引きずって固陋なのか。いずれにしても映画やドラマの同窓会では男女仲良く昔話にふけるのを見ているから、やや落胆した。現実との開きを感じた。
敦賀では女の子をビンチョとかビィと呼び、男の子をボンチと呼びならわしてきた。ビンチョ、ビィの言葉には女のくせにという軽い蔑すみが混じっている。

Nさんは幼稚園以来の友達で、幼い頃から利発にして発言力があったから、クラスの中心にいつもいた。たいていクラスの正委員である級長は男子が勤めるので、Nさんは副級長になったり生徒会の役員を担ったりしてきた。ワルイ男子にもおかまいなく注意を与える、しっかり者の女性だ。

英語が得意だったから、青山学院大学に進学したと聞いたときはまぶしかった。花の東京のど真ン中で活躍するのだろうと少し羨ましかった。
予想通り日本航空に就職し、国際線のフライト・アテンダントとして世界を駆け巡るようになった。一方、私らの世代らしく反権力の意識が強く、会社の合理化には断固戦ってきたようだ。(それにしても、あの日航はどうなっているのだろう。最近、現役の人から手紙を貰ったが、現場の荒廃は相当なもののようだ)
数年前にNさんはリタイアして、現在都内で主婦をやっている。私が1月に入院したときも見舞いに来てくれたが、生憎私は外出していた。

そのNさんが同窓会でM君と再会して大喜びをしている。ブリキ屋の息子M君はワルで、いつも副級長のNさんを悩ましていた。M君はワルといっても非行などとはまったく縁がなく、男気のある熱血漢だったから、単に反抗していただけだと思うが。
M君は高校を卒業するとすぐ船乗りになってアフリカへ行った。今回、話を聞いたのだが、世界一周がしたい、ズール戦争の跡を見たいとそういう職業を選んだとか。今は故郷にもどって板金の仕事に就いている。すっかりスリムになり髪も後退して気のいいオジサンになっている。

気の強いと思われた副級長のビィは“不良”のM君のことが内心怖かったらしい。それでもリーダーとしてクラスをまとめなくてはという責任感から、率先して注意を与えていた。それをうざいと感じたM君は楯突いていたのだ。だから今回「更正」して立派になったM君と会って、副級長は感激したのだ。
2人の生き方を見て思ったのは、私らの世代は男であれ女であれ田舎の町を飛び出して世界に行きたいと願ったことだ。私たちというのは、幼少期にアメリカのテレビ映画を見て豊かさに憧れ、西欧の重厚な文化に魅了された。いま、ここ、にないものを知りたい求めたいと、意識は世界に向かっていた。現在、大学で私が触れる学生たちはほとんどそういう関心をもたない。海外旅行をするより家でネットをやっているほうが好きだという若者が実に多い。

 私から見れば、Nさんは上野千鶴子のような存在だ。幼い頃から活発に行動し、社会にも積極的に働きかけをやってきた。戦後第3世代の女性として、女性の地位向上に貢献してきた。男女雇用均等法が制定されるのは一つ下の世代だから、その礎を築いてきた世代だといっても過言なかろう。先駆の存在として苦労もたくさんあったかもしれない。が、そんな素振りも見せずに、堂々と老後に向かっていくNさんに副級長の健気さを見る。

2次会のカラオケハウスを早めに抜け出ると、美しい夕焼けが広がっていた。あかねが山入端に射し、高い空には古代青が流れていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-08-10 11:16 | ふるさとへ | Comments(0)
<< 後味の良さ みんな消えていく >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧