人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

火星年代記

火星年代記

レイ・ブラッドベリの『火星年代記』を読んだ。SFの名作として誉れ高い作品だ。今頃になって読むとは、日本SFの五十年の番組を作った者としては遅きに失している。正直に言って、SFは苦手なのであまり読むことがないのだ。だが、この小説の噂はいろいろなところで聞いていたから、図書館で早川文庫のなかに見つけたときはすぐ手にとった。
 1950年にイギリスで出版され、日本はその6年後に翻訳されている。だから、その後の60年間に亜流がたくさん生まれているから、目新しく感じるところは少ないが、しかし、火星に植民するという物語の壮大な構築はうまいものだと感じ入った。
26の短編の連鎖構造になっている。そのなかの一編、「火星の人」が心に残る。
地球時代にわが子を失った老夫婦(といっても妻は60)が火星に来て、その息子の幻影と出会うという話。死んだ子の年を数えるではないが、老いたラ・ファージュ夫妻は地球にいるころは亡くなった息子トムを何かにつけ追悼してきた。そして火星にやってきて、そのトムが在りし日の姿のままよみがえってくるのだ。火星人の罠か・・・。

失われた過去が甦るというスキームは、あの芥川の「杜子春」でもよく似たプロットとして使われていた。
杜子春は、何があっても口をきいてはならないという試練を受ける。虎や大蛇が襲ってきても、怪しい神に突き殺されても、地獄に落ちても、杜子春は一言も言わない。ついに、怒った閻魔大王は、地獄に落ちた杜子春の両親を連れて来させる。杜子春の前で鬼たちが両親でいたぶる。杜子春、耐え切れず「お母さん!」と一声、叫んでしまう。――ここでも、亡くなった肉親が甦ってくるせつなさが描かれていた。
ブラッドベリの「火星の人」でも失くした子どもが姿を現す場面。なぜか、身につまされた。

そして、年代記は進み、2005年。地球に核戦争が勃発するのだ。その余波が火星にも押し寄せて来る。今の私たちは幸いなことに核戦争を体験しないまま2010年をむかえている。が果たして、この今の地球はよき存在として持続しているのだろうか。そんな問い返しを、この「火星年代記」は迫ってくる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-08-04 16:37 | Comments(0)
<< 広島平和祈念の日 沈黙 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧