人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ジャンルの青春

ジャンルの青春

 新幹線のホームに立っていた時、不意に歌が唇からこぼれた。
 ♪ ぼくは特急の機関手で 
  可愛いあの娘は駅ごとに

 誰が歌ったかも知らない、50年代の流行歌。最後まで覚えているだろうかと半信半疑で歌い継いでみた。
 ♬ いるけど3分停車では
  キスする暇さえ ありません
  東京、京都、大阪 う〜う〜ぽぽ

 全部歌えた。新幹線がまだ走っていない時代、東海道線の特急はつばめだった頃だ。作詞は三木鶏郎あたりだったのじゃないかな。都会的な匂いのする流行歌だった。当時、私は幼稚園か小学1年生の頃だ。意味も分からないまま、此の歌や「ケ・セラ・セラ」とかを歌っていた。
 この時代に藤子不二雄たちはトキワ荘にやってきたと、川本三郎が書いている。市川準の映画「トキワ荘の青春」を主題とするエッセーでだ。この映画に登場する若い漫画家たちの貧しくも豊かな青春は、ジャンルの若さに由来すると川本は喝破する。
 《映画もテレビもそうだが、そのジャンル自体の青春期に自分の青春が重なった世代は幸福だ。自分の努力でこれから好きな世界がどんどん良くなっていく予感がある。未完、形成途上の良さである。》
 この言葉はまさに私自身も実感するところだ。私がテレビの仕事に就いたのが1970年、昭和45年。テレビの青春の尻尾の時代だ。テレビは終日放送でなくロケにはビデオカメラでなくフィルムカメラを使い、ラジオがまだ力をもっていた時代だ。
 その直後に「浅間山荘事件」で国民の大半がテレビに齧りつくという出来事から、テレビは「王様」になっていく。その流れのなかで、私は学校放送という地味なセクションで、テレビの手法というものを少しずつ学んでいった。最初の海外取材が1980年だから、10年間スタジオで音楽番組を作っていた。鳥塚しげきや堀江美都子たちとわいわいやっていた。収録のある火曜日はいつも午前サマだった。本番が終わると必ず番屋で焼酎のお湯割りを飲んで、六本木まで遠出した。金がないから俳優座の裏のスナックでウィスキーをちびちび舐めながら、番組の段取りや構成についてワイワイ議論していた。なんだか分からないがお祭り騒ぎだった。
 今になって気がつくのは、私個人の青春というより、テレビが青春だったのだということだ。たしかに幸せだった。

 今話題になっている朝ドラ「ゲゲゲの女房」も、貸本漫画から少年雑誌ブームの頃という「青春」が背景にあるから見ていて気持ちいいのだろう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


  
  
by yamato-y | 2010-07-28 08:44 | 30年の自画像 | Comments(1)
Commented at 2010-07-30 12:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 夏こそ危ない 猫翁さん >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧