人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

包みなおしたのは何か

包みなおしたのは何か

故郷からの帰り、新幹線のなかでずっと考えこんだ。午前中に見たブツは、父の戦争中の遺品として扱ったほうがいいのかどうか。迷った。断定する根拠が弱いから、どうとでもその品物の意味を解釈することができる。兵の日のブツは何か。

父が中国戦線に出陣したことは知っていた。自動車部隊と暗号通信隊にいたということは聞いていたが、何処の部隊でどんな作戦に参加したのか何も知らない。今朝、父の戦友会の名簿が出てきた。星友会という名称になっていて、意外に可憐な名前に戸惑う。昭和55年付けの住所録で、発行人は梅田という人物。原隊の正式名称は、関東軍旧独立自動車第四十九大隊四中隊となっている。北支にいたというのは、この中隊にいたことを指すらしい。ここで車の運転を覚えたので、復員後、かなり早い段階で父は運転免許を取得する。もっとも父が最初に乗ったのはオートバイで結構跳ばし屋だった。自動車の部隊というとスマートにみえるが、輸送専門の輜重兵だったようだ。

星友会の名簿を見ていくと、滋賀県と京都の出身者が多い。福井、石川は名簿の後半にある。どのような軍歴があるのか分からないが、中国内をあちこち転戦したらしい。実際の戦闘にも遭遇したようで、私が幼い頃、父は自分の腹の傷を見せて、「もう少しで死ぬところだった」と語ったことがある。本当かどうか分からない。軍隊帰りはそういうことを吹聴したがるということを、ドキュメンタリーの仕事についてから知ったから、父の話もあてにならない。たしかその話を聞いたのは私が小学校低学年だった頃で、長じてからは戦争のことを父はほとんど語らなくなった。

 中国で敗戦をむかえて引き揚げて来るまでに1年以上経過している。行軍しながら悲惨なめにもあっているだろう。苦しいときもあったにちがいない。だが、結果として中国への侵略に加担していったではないかと私は大学時代に父を難詰したことがある。「うるさい。おまえなんかに分かるか」と怒鳴られて親子喧嘩にもなった。以来、戦地の話をしなくなったし、私も聞くことがなかった。
 父が退職してからは、年に一度開かれる戦友会にいそいそと出かけていくことは知っていたが、どんな会合であるかはまったく知らない。

父が死んだあと、母はときどき父の戦争について少しずつ語るようになった。むろん、母と結婚する前の時代だから、母も話としてしか知らない。その母がこんな歌を詠んでいる。
兵の日の夫の生命を守りくれし古りたる水筒を包み直し置く

そういえば古い水筒を見たおぼえがあると思って、今朝は仏壇周りを探した。両親はクリスチャンなのだが、北陸の真宗の家系だったから仏壇が家の真ん中に鎮座している。大事なものはこの仏壇の引き出しとか段下の小部屋に入れてあるはずと、私は見込み、いっさいがっさいを外に引き出して並べた。
ビニールで2重に包まれた飯盒が出てきた。丁寧に紐掛けされている。これが父の戦争の遺品ではないかと推定するが、母の短歌の水筒とあわない。かといってほかに遺品らしいものはない。

 最終的に、これが父の戦地の形見だと私は判断することにした。
おそらく、母は短歌にするとき語呂を合わせるために、飯盒を水筒にしたのではないだろうか。生命を守るにふさわしいイメージは飯盒より水筒と、その部分を“作った”のではないだろうか。実際の兵隊時代の形見は飯盒だったと思われる。

 その鉄の飯盒は錆びてもおらず形も残っているが、蓋が堅くなって開きづらくなっていた。気張って開けてみると、底が黒ずんでいた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
包みなおしたのは何か_c0048132_12115514.jpg

by yamato-y | 2010-07-19 23:08 | Comments(0)
<< 水筒のこと 別るる吾を哀れとみよ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧