人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

夏座敷

夏座敷

昼からビールを飲んでいる。あまりに暑いので昼飯はやめてビアのみの昼食とした。
庭に面した座敷に座り込み、明るい日を浴びている庭の苔の青さに目を奪われている。
田舎へ帰ってうれしいのは、畳に寝転がることだ。ごろごろしながら、時代小説か俳句の本を紐解いているときが、何も考えないでほっとする。

黙っていても、母がいたときは冷たいものやビアが出てきたが、今では自分で買い込んで用意もしなくてはならない。それでも、まだこの座敷があるからいいが、早晩取り壊されるようになったら、この夏座敷の快感は味わうこともなくなる。

変な気持ちだ。まだ在るにもかかわらず、不在のようにして考え感じている。床の間に残されたお茶の風呂も母の机も、壁に掛かっている大江さんの色紙も、写真立ても、衣紋掛けも。外の光があまりに激しいので座敷は薄暗がりのなかにある。

夏の座敷に座って、真昼の通りに耳をすませても物音ひとつしない。うだるような暑さを避けて人も犬も家中でひっそりと潜んでいる。

ダンボールの箱から大学時代のプリントが出てきた。文芸部の友人からもらった謄写版の詩集だ。伊東静雄の「わが人に与ふる哀歌」の抜き刷りだ。冒頭の「晴れた日に」の一連がずんと胸を突く。

とき偶(たま)に晴れ渡った日に
老いた私の母が
強いられて故郷に帰って行ったと
私の放浪する半身 愛される人
私はおまえに告げやらねばならぬ
誰もがその願ふところに
住むことが許されるのでない

放浪する半身――人の一生とは面白いもの。たいして意味がある人生と思えなくても、生きていくことから降りることもできず、さりとて大死一番大勝負に打って出ることもなく。願う場所には住むこともできず。
芭蕉の高野山での句を思い出した。
父母のしきりに恋し雉子の声

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-07-18 13:27 | Comments(0)
<< 別るる吾を哀れとみよ 朝の掃除 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧