人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

今頃になって

今頃になって

敦賀の実家に戻って、母の遺品を整理している。短歌のノートがいくつもあって、それをパソコンで転記もしている。機械的に作業しようと思うが、読み始めると、母の心情を思って手が止まることもしばしばとなる。

特にあの戦争のときのような話は濃い。ぽつんぽつんと語って聞かされた話を、私はつなぎながら短歌ノートを読み解くことになっている。戦争中、母は16歳から19歳の間である。勤労動員されていて、敗戦の報は疎開作業の最中に聞いたとか話していたことなどが、短歌となって残っている。
三里の道大八車押し行きて辿り着きれば戦終りていたり
あっけない幕切れとなって呆然とした心情は分かるが、詳細が掴めない。こんなことなら、元気なうちに聴いておけばよかったと後悔する。
 と考えていたら、母はこんな歌を詠んでいた。
平成13年5月9日
折にふれ伝へおきたく思ひあれど子はあわただしく帰りゆく

母はあのときもっと話したかったのだ。それを私は面倒くさがって、「また、今度」と言い捨てて私は東京へ帰って行った。

母のいない、父のいない家に深夜ひとりで手紙や日記、ノートを読んでいると、台所あたりから母がひょっこり出てきそうな気がする。「あんた、帰っとったん?裏の畑に居たから気がつかんかったわ」と呼びかけてきそうだ。「洗濯物があったら、全部洗濯機に放り込んでおいて。お風呂が沸いているからごはんより先に入る?」とかなんとかぶつぶつ言いそうな気がする。去年の今頃はまだ母も息災であった。まさか肺に癌細胞が増殖しているなんてことはけぶりにも気がつかなかった。祇園祭の山車の話をすると、楽しそうに聞いていた。

こんな歌も母は残している。
真夏日の暑き日差しを避けてゆく路地に白き十字のどくだみの花

15年におよぶ独り暮らしのなかで、さみしさのなかにも安らぐものがあったらしい。

ところで、母がこの家を去ったとき、インターネットの回線も撤去したはずと思っていたが、無線ランが有効のようで、急遽、ブログの記事をアップすることにした。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-07-17 23:00 | Comments(0)
<< 朝の掃除 祇園囃子を聞きながら >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧