人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

祇園囃子を聞きながら

2010年夏の始まり、出会いと別れ

すっかり晴れた。京都祇園祭、山鉾巡行のクライマックスの日は最高の日和となった。
朝から祇園囃子が鳴り続けている。宿泊している場所が四条木屋町という最も繁華なところだから、通りを次々に山鉾が過ぎていく。

京都の2010年前期授業も昨日で終了。今年も2本のビデオ作品が出来た。1月に手術をしたときから、体調に不安をかかえて、出張授業も危ぶんでいたが、何とか前期を終えることができた。この7月の前期最終授業では思いがけない出会いと別れがあった。

 3ヶ月ほど前に感想を書いた「無国籍」のドキュメントの主人公のハウさんにお会いすることができた。この番組を目にしたときから聡明な彼女に会って話しを聞きたいと思っていたが、彼女はなんと私の通う大学の大学院に在席していたから、私から連絡をとるとこころよく応じてくれた。そして、1日目、2日目と2度にわたって彼女の今研究しているテーマについて詳しく聞いた。
 ベトナムの難民たちのグループホームあかつきの村での活動と出会いがハウさんの研究のモチーフになっていた。そのことを、彼女は『ホリスティック・ケア』という専門書に書いていた。題は「弱さの交差点で」。絶妙の表現である。彼女の文才を感じる。副題というか巻頭辞に「それでもなお意味がある」というマルティン・ブーバーの言葉が掲げられている。彼女はブーバーの研究者になっていた。
 ベトナムからの難民として生きてきた家族の歴史、少数の他者として生きてきた個人の精神史など深い話を延べ4時間ほど聞くことが出来たのは幸いであった。久しぶりに生きる意味というものと向かい合うことが出来た時間だった。

 面白かったのは、彼女と会っている間、外は雷が鳴り土砂降りの大雨になっていたことだ。しのつくような雨は彼女がこれまで抱えてきたものの激しさを表すようであり、洗い流すようであったりするものと、私は受け取った。献本していただいた『ホリスティック・ケア』は専門書にもかかわらずケアの全体性(ホールネス)、ケアの聖性(ホーリネス)、シュタイナー、神谷美恵子、など興味深い言葉が並んでいる。週末、これから熟読しようと考えている。

 別れは教え子のK君が留学するために退学したことだ。5年前の学部生の頃からの付き合いとなる彼は大学院に進学し研究者の道を目指していたが、前から念願していた映像作家の道を実現するために米国の大学へ進むことにしたのだ。昨日づけで退学届を出し、9月から西海岸の大学で映画論を学ぶことになる。そこで、技術と人脈を培って、ゆくゆくは映画を監督するというのが彼の大志だ。

 この人生のギアチェンジに、私の行っている映像メディア論が大きく関わっているから、私としてもいささかの責任を感じる。彼の進路についてはこれまでも相談にのることがあった。私の授業はドキュメンタリーだが、そのなかで彼は「ドラマ」を制作した。梶井基次郎の「檸檬」を映像化したのだ。みずみずしい映像に才能を感じた。以来、彼はドラマとしての映画を撮りたいと願い、その思いは年々つよくなっていた。そして、いよいよ船出することになったのだ。
 昨夜、前期授業の打ち上げが百万遍交差点そばのおむろ家で行われた。チューターとし前期授業に参加してくれた彼も出席。この打ち上げは別れの宴も兼ねることとなった。
 新しい出会いもあれば別れもある。私の周辺で少し時間の流れが速くなってきた気がする。私も若い人たちに負けないようダイナミックに人生をギアシフトしてみるか。

 土曜日、祇園祭の山鉾を見学したあと、昼過ぎの列車で敦賀へ帰省する。母の家に残された品々の後片付けを今日、明日とやるつもり。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-07-17 09:18 | Comments(0)
<< 今頃になって 雨の宵山 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧