人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

時間は進む

時間は進む

突然の訃報で、サッカーの余韻は吹っ飛んだ。
あのサンヒョクが急死した。どうやら自死らしい。詳細は分からないが、個人的な悩みが原因らしい。そのことはいい。死者に対して敬虔でありたい。冥福を祈る。

これで、冬のソナタの別の物語を紡ぐことはできなくなった。6年経ったとはいえ、冬のソナタへのファンの思いはけっして小さくない。私の知るソナチアンたちも、またこの物語の別バージョン――例えば、後日談だったり、パリへ留学したユジンの物語だったり――をいつか作ってほしいと淡く希望をもっていた。それが不可能になったのだ。

パク・ヨンハさんが演ずるサンヒョクは、冬ソナにとってきわめて重要な人物で、代役ということはありえない。また、別物語が生まれたとしても、たえず原物語が参照されることが前提となるから、そこに出てくる人物(キャラクター)と同一性がなければ、物語のリアリティが失われる。例えば、あの山小屋でのゲーム遊びや放送部での活動、バレーボールのライバル意識など高校時代からディレクターとして山小屋での生放送を企画したりするラジオ局時代まで、その「伝説」を土台にして、新しく生まれる物語は成立するのだから、このときの役者がなくなれば、その代わりの役者でしのぐということは、この冬のソナタにかぎってないだろう。
 こうして、冬のソナタは不朽の物語として神話化していくことになる。

 「春のワルツ」以来、沈黙したままのユン監督はどうしたのだろう。結婚した話題以外はとんと情報がない。時々、北海道に現れると噂では聞くが真相は知らない。監督は今回の悲報をどんなふうに受け止めるのだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2010-06-30 12:12 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)
<< 蛇つながりで 闇から転げ出たロール >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧